2018年5月19日 (土)

◆全品50% OFFのお知らせ◆(DELTA製品を除く)

◆お知らせ◆

アナログ式が15周年を迎え、私も60を幾つか過ぎ、数多くのご注文をお受けすることが難しくなってきました。機材製作の他にワークショップ、山仕事等をやっています。
長年に亘るレコーディングエンジニア、音響機器製作ともに座りっぱなしに近い仕事です。これからも出来るだけこの仕事を続けて行くためには体が資本ですので、その一環としても山仕事がある訳です。
●今後の機材製作につきましては、年に2,3台受注可能な「DELTA THE LINE AMP」と、
ディスクリートオペアンプ「1960ゲインブロック」、パッシブEQ、小型真空管機器、特注機器製作、とさせて頂きます。
●最終受注のお知らせ。(台数限定)
上記の製品以外はファイナルバージョンとなりますので、全品50%OFF(特選品を除く)(バランス出力の製品は30%~40%OFF)で製作致します。
同時に「DELTA THE LINE AMP」10%OFF、「DELTA PEQ/VPEQ」 25%~30%OFF、『1960ゲインブロック」20%~50%OFFで受注致します。
●仕様変更オプションも50%OFFとなります。(DELTA製品は10%OFF)
◆最終受注は12月20日を以て終了させて頂きます。
◆ご不明な点は、お問合せ下さい。⇒Mail
今後とも、宜しくお願い致します。
音響工房アナログ式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月18日 (金)

◆BASEオンラインショップ・5%OFFクーポン◆5/31迄

【5/7~5/31】で利用できる5%OFFクーポンをプレゼント!!!

BASEの50万店舗突破を記念して、5%OFFクーポンをプレゼント!
商品購入画面でクーポンコード≪shin50base≫を入力して下さい

※注意事項
・本クーポンは、Webブラウザ及びショッピングアプリBASEでご利用いただけます。
・本クーポンは、送料をのぞく注文金額が1,000円以上からご利用になれます。
・本クーポンは、送料をのぞく注文金額が50万円を超えての使用はできません。
・本クーポンは、おひとり様1回限り有効です。
・他クーポンとの併用はできません。
・Apple Payをご利用の場合、クーポンは使用できません。

「アナログ式」BASEオンラインショップ、この機会に是非ご利用下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月16日 (水)

◆今月の特選③◆Eustachio A級ラインアンプ take 1

Image

Eustachio(エウスタキオ)この名前は16世紀イタリアの解剖学者が発見した、
エウスタキオ管に由来しています。

鼓膜の内と外の気圧を調整する役目を持っており、耳管とも云います。

Eustachioは音響機器として音楽と人間との間に位置し、調和の取れた音場空間を創るために生まれました。

 初期old line laboの頃から好評を頂いたラインアンプです。

オーディオ再生、音源製作でのミックスやマスタリングに充分なパフォーマンスを発揮。

●オーディオ再生や音源の取り込みの際やMIXに使用し、抜けを失わずにアナログの暖かさ、艶、芯のある存在感を付加します。

●オーディオ再生の場合はCDP→ラインアンプ→パワーアンプ。
  又は、フォノEQ→ラインアンプになります。

●Old Line独自のAクラス増幅素子1960-Cゲインブロックによるディスクリート回路。
●スタンダードでゲイン1ですが、
 可変ゲインアンプへの仕様変更も可能です(プラス30,000円⇒15,000円

●出力ボリューム付

価格・今月の特選③

 take1 80,000円⇒39,800円(2台限定)特選品はメールでのご注文に限ります。

●写真は2Uラックケース(約W480 H90 D200mm)
  (フロントパネルはブラックorアルミシルバー)
●小型ケース(W300 H70 D180mm)での製作も可能です(小型も価格は同じです)
●更にコンパクトな(W190 H90 D150)タイプも可能(2連VOLになります)

●入出力アンバランス(2Pフォーンジャック)
●オーディオ用にRCAコネクタでも可

●納期 Take1は約60日 /製品は全て受注製作です。
(仕様や、受注状況により変わります。お問い合わせください)

◆スタンダード仕様について◆
プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリや、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。
これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。
スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。
また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

◆◆ラインアンプ、コンプ、マイクプリ、ミックスバッファ等の仕様変更や詳細については、以下をご覧ください。

●◆仕様変更の追加価格⇒50%OFF

① 大容量トランス及び強力電源回路仕様 \12,000⇒6,000円
② 他のゲインブロックへ変更(2chでの価格)1960-B  \5,000⇒2,500円

                           1960-F  \5,000⇒2,500円
                           1960-D \8,000⇒4,000円
                                                          1960-P  \5,000⇒2,500円
                                                          1960-R  \12,500⇒6,250円
                                                          1960-LIM  \42,500⇒21,250円

③ 入出力をバランス仕様 \80,000 (2chでの価格)⇒40,000円
④ 70年代BELDEN/7本撚りワイヤーを適所に使用(数量限定) \2,000(2chでの価格)⇒1,000円
⑤ A/B音質切替切り替え \10,000(2chでの価格)⇒5,000円
⑥ コンデンサにスプラグ、フィリップス、抵抗にA/B等、
  WEの線材を適所に使用 \5,000(2chでの価格)⇒2,500円
⑦入力をバランス仕様 \30,000(2chでの価格)⇒15,000円
⑧ヴィンテージMPコンデンサを出力に使用(限定品)\4,000(2chでの価格)⇒2,000円

●トーンコントロール追加/100Hz&10khZ \60,000⇒30,000円
1960ゲインブロック4個使用ディスクリートEQ(シェルビング)
トーンコンはバイパスSWでハードワイヤバイパス出来ますので、
OFFにすれば信号は全くトーン回路を通りません。

◆お問合せ analogmode21@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

Facebook「アナログ式」のご案内

Fb_2 音響工房アナログ式では、Facebookでもアナログ音響機器にまつわるあれこれを記事にしています。セール情報やワークショップ告知などは、FBを優先的に更新していますので是非フォローをお願いします。どうぞよろしくお願いいたします。

音響工房アナログ式ホームページはこちら  http://analogmode.jimdo.com/


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

◆今月(5月)の特選◆(台数限定)

2waylapeq_2

今月(5月)の特選①◆(2台限定)
音源制作、マスタリング、オーディオ再生等に活躍する2wayラインアンプ+パッシブEQ
モデルtake two 価格11万円⇒5万円
仕様変更オプションは、50%off
ラインアンプの詳細はカテゴリ特注の部屋(51)をご覧ください。
仕様変更については「仕様変更について」のページを参照下さい。
特選②◆小型パッシブEQ minipeq take1/2◆(3台限定)
音楽的、感覚的にサウンドコントロールする小型パッシブEQ
価格19,000円⇒1万円
特選③EUSTACHIOラインアンプtake one(1台限定)
80,000円⇒3万5千円

特選品はメールでのご注文に限ります。
お問合せ、ご注文は⇒Mail

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

愛用していた機材達

Api_4 Oldline_2

' 76 API コンソール / 第1期APIのファイナルver.でオリジナルAPIと云えるのはここまで。インラインではなくスプリット型。オールディスクリート。
AMPEX MM1200-24 / 名機AGシリーズとほぼ同じディスクリートのオーディオ系を持つ2インチ24トラック。
AMPEX ATR102 / AGの後継機だがオーディオ、走行系ともかなり変更された。米国ではよく使われていた。1/4インチ2トラック。
AMPEX AG 440B / 云わずと知れたアンペックスサウンド。1/4インチ2トラック。
STUDER A810 / 名機A-80の後継機、ATR同様、かなり変更されてるが、スチューダーのサウンドは継承。メータパネルにSP付なのでA-80RCに近い。バタフライヘッド。1/4インチ2トラック。
AMCRON DC300A/CROWN DC300 Ⅱ/ 超弩級の電源部とCANタイプトランジスタのアンプ。
JBL4331B / これも云わずと知れたスタジオモニター、2420ドライバの2way
AURA TONE 5C / '70~'80初頭の初期モデル、カラっとしたスピードのあるサウンドは初期モデルならでは。
DC300Aと5Cは今でもライブ録音に使っています。 (写真は20年位前)
20年前位です。

自作の真空管式機材や周辺機器、マイク等は別にして大物だけ書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月29日 (日)

【ご注意ください】メールでのお問合せについて

【ご注意ください】メールでのお問合せには、通常2日以内で返信しております。

万が一、メールが届かない場合は何らかの不具合、互換性の問題が考えられます。
お手数ですが、FBページ「アナログ式」のメッセージから,
再度メッセージをお願いいたします。
・ご相談・お見積り analogmode21@gmail.com
・FB専用ページ「音響工房アナログ式」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月23日 (月)

「始めに内部ありき」

音響工房アナログ式 Analogmode  since2003

製品の紹介 Products

始めに内部ありき

Deltalaok1Delta

写真はDelta◆THE LINE AMP◆です。

この外観は、ノイズ発生や干渉を起こさない内部回路の配置や、操作性を重視したところから自ずと決まってくる「顔」です。

往年の真空管やトランジスタを使ったディスクリート機器と同様に「始めに内部ありき」なのです。

内部の秘密

1960ゲインブロック

OLD LINEの主力製品である

独自のディスクリート回路を構成する1960ゲインブロック。

このディスクリートオペアンプには8タイプのサウンドキャラクタがあり、

真空管のように差し替え可能です。

Oldboy2_2

(写真左)2ch old boy 2マイクプリアンプ

製作中「バランスコンバータ」の内部写真

Photo

Lapeq

LA+PEQ

■ディスクリートのアナログ音を、もっと気軽に身近に

 

■analogmodeがめざす音■

時代と共に失われつつある、ディスクリート&ハンドメイドのアナログ機材。

しかし生まれた時からデジタルが当たり前の世代が大人になり、デジタル機器とアナログをつなぐことで広がる音の世界感が、今あらためて注目されています。

 

音の本質を失わず、温かく、存在感があり音楽的な(人間的な)奥行きや表現力のあるアナログの音。まさに血の通った音は、時に音楽すら越える力を持って、無条件に人の心に届きます。

40年の録音エンジニア経験、2003年から7年間で500台以上を受注製作した耳と手が作り出すオリジナル回路を通したアナログ音の世界をお楽しみください。

 

1960年代までの、ハンドメイドが主流だった音響機器には

独特な温かみのある音を生み出す力があると思います。

デジタル音が主流の現在だからこそ、当時のアナログ音は、ミュージシャン、録音関係者、オーディオマニア等に年々見直される傾向にあります。

自スタジオで長年ビンテージAPIコンソール(1976年製 28-16-24)や、AMPEX、STUDER等のアナログ機器をを使い、録音現場で培った経験をもとに、analogmodeならではのスピリットを持った音響機器を目指します。

Photo_2 Photo_3

オーディオ再生や音源制作に、デジタルをより感動的にするアナログ機材として、お役立てください。

プロ用音響機器としてスタートしたアナログ式(旧OLD LINE)。主力製品のラインアンプは、オーディオ再生、レコーディング、PA等のシステム中に入れることでS/Nの悪化や音痩せ、不自然な色付けなく、音や音楽性を損なわずに様々な効果を得ることができます。

 サウンドの躍動感、透明感、艶、芯を大切に、システム全体を調和させることに定評があります。既製品から半特注、素子(ディスクリートオペアンプ)まで特注のタイプ。価格もご予算に合わせて様々な仕様で製作出来ます。

「思うようなサウンドにならない、再生されない、創れない、」と感じている方は、まずはお気軽にメールにてご相談ください。
(ご相談、お見積りは無料です)。⇒Mail

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

「アナログ式」はプロ用音響機器としてスタートした。

理想の音を追求するプロ用音響機器として

お陰様でアナログ式は今年15周年を迎えました。現在、特設ページを開設しています。

箱の内部(音)を追求し、デザインの無駄を排して極力コストを抑えた無愛想な外観」も今ではアナログ式の顔となりました。長年のスタジオ・エンジニア経験の中で培った知識や知恵を生かし、インテリア性より操作性を重視、「現場で使う」ことを第一の目的とした「仕事道具」としての音響機器を追求しました。ですからダイヤルの位置、ケースの大きさ、外観のデザインすべてに理由があります。それは実際にお使いになる人の手や耳から実感されることと自負しています。

 特注品は現在までに様々なジャンルの音楽家やエンジニア、放送局等のプロフェッショナルはもちろん、音を追求するオーディオ愛好家の皆様にも親しまれています。既製品もあわせると2018年までに500台以上を製作いたしました。
 受注の前には、お好みのサウンドや使用目的を伺いながら丁寧なカウンセリング、お見積りをします(無料)。デジタル機器との併用ももちろん可能です。アナログ初心者でも、どうぞお気軽にご相談ください。またサウンドアートを製作する美術家への技術アドバイス、機材のリペア・改造も承っております(有料)。

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、「アナログ式/analogmode」ではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

お問合せは analogmode21@gmail.com


音響工房アナログ式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

|新製品|真空管ヘッドフォンアンプ・EUSTACHIO TUBE HPA / LA

【新製品のお知らせ】 EUSTACHIO TUBE HPA (真空管ヘッドフォンアンプ)

Hpa_2

管球式ヘッドフォンアンプ / EUSTACHIO TUBE HPA

EUSTACHIO TUBE HPA

今迄に真空管を使用した機材、アンプ等は数々製作しましたが、「グリッドリークバイアスの回路構成で如何に優れた物を作るか」 勿論、中身と出音の話です。この方式はフェンダーの名アンプの一つであるCHAMPのプリ部でも採用されています。「EUSTACHIO」 今後もシリーズ化予定。

15周年記念の新製品です。「アナログ式」としてはめずらしいタイプではないかと思います。今回のコンセプトは「出来る限りコンパクトサイズで、妥協しないサウンドを実現すること」でした。

最近の廉価版の外観も悪くはないですが、音響機器はやはり音を決める「箱の内部」が重要です。そこで、「真空管を低電圧動作させる」ことに挑戦してみました。

◆低電圧動作モデルにありがちな、パワー不足、ノイズ、使い難さ等を解消しています。
(アナログ回路ですからノイズは皆無ではありませんが、インピーダンス33Ωのヘッドフォンで試聴し、聴感上のノイズは気になりません。)

【電源】24v単電源、ハイブリッド構成で、出力バッファにICオペアンプを使用しています

【配線】このEUSTACHIO TUBE HPAは、プリント配線ではなく、空中配線を元にして組んでいます。

廉価な量産モデルのプリントパターン+チップ部品とは一線を画し、手間はかかりますが音の「鮮度」や「存在感」等が格段に違ってきます。

【回路】真空管回路はディスクリートです。今回はコンパクトサイズを最優先し、ハイブリッド構成にしています。

【真空管】

12AU7を使用しています。同等管等に差し替えることでサウンドを変えることが可能です。

●スタンダード/現行管

【ICオペアンプ】オペアンプを差し替えることで、サウンドキャラクタを変更することが可能です。

【コンパクトサイズ】 

   W150×H40×D100  

置き場所を選ばず、高品質アナログ音を気軽にお楽しみ頂けます。スマホにも使用可。

【ラインアンプ】RCA出力付きですので、アクティブSP等へ接続しラインアンプとしても使用できます。

【真空管の魅力】

音、姿、灯りの魅力。ただ眺めているだけで、その世界に惹きこまれるような魅力や暖かみがあります。かつて、スタジオのレコーディング用に自作及びオールドの管球式機材を使用していました。真空管ならではの「エージング」の楽しみも味わって頂けます。

奥行きと立体感の在るサウンド。以下の2タイプをご用意しています。真空管のノスタルジックな灯りも印象的な、耳と目で音世界を楽しめる製品です。

【スタンダード】※写真

真空管の世界をお手頃価格でお楽しみいただけるアナログ式オリジナルの既製品です。ネットショップからもお求めいただけます(カード払い可)

Hpa_6  Hpa_7 (スタンダード フロント|リア)

【仕様】
●L/R 独立VOL  
●入力 RCAピンジャック
●出力 1/4inch標準フォンジャック+RCA 
 ジャックの耐久性、メンテを考慮し標準サイズを使用、miniジャックは変換プラグをお使い下さい。
●別電源付き  ●サイズ W150 H40 D100

●価格  38,000円

●納期目安  1ヶ月  

◆お問合せ、ご注文はメールで⇒「アナログ式」

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみです。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します。 http://analogmode.thebase.in/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧