2019年5月 1日 (水)

遠藤ミチロウ・(ザ スターリンのこと)

ザ スターリンのデビューシングル(アナログEP)を録音したのは40年前!(赤スタに入る前)になる。
その後すぐに4曲入りアナログ20cm盤を録った。遠藤ミチロウという人は私が知る限り、普段はとても静かで寡黙だった。
コントロールルームでも、何回もの打合せの時もそうだった。
1979年末の新宿ACBでのライブ録音ではスタジオ録音では知る事の出来なかった彼を観ることが出来た。
ホール内後方片隅で録音したからだ。
私には、スタジオのコントロールルームでプレイバックの時、床に体育座りし、両手に顔を埋めて聴き入るミチロウの姿が忘れられない。。
(先日逝ってしまったベーシスト甲田賢一はスターリン出身だった)
 
二人が天国で再会したらまた一緒に演ってくれるといいね。
 
合掌
ACBでのライブ録音については、当ブログ・カテゴリ「つぶやき」に「1979.12.31前篇/後編」として投稿しています。
興味のある方はご覧ください。

| | コメント (0)

2019年4月21日 (日)

当工房のコンセプト

当工房では、中身がなく(高級品を謳っているオーディオ機器にもがらんどうに近いものがありますが、

中身がないとは凡庸な音と言う意味です。)外見を良くした物は作りません。

長年のレコーディングエンジニアとしての経験から、嘗ての業務用機器のデザインコンセプトを、踏襲しているからです。

肝心なのは中身、こけ脅しの無駄はないのです。

 

 

 

| | コメント (0)

2018年12月14日 (金)

懐かしい記事に出会った。

Mj5MjMj2

当時、この製作記事のコントロールアンプを自作された方は、多かったようです。 ゲインブロックの注文が増えましたから。。
私(アナログ式)のラインアンプは勿論、オリジナルの設計です。

| | トラックバック (0)

2018年12月10日 (月)

思うこと。

Img_20181210_141014_561

スタジオの定番HPは、嘗てエレガだった。。その後は然り。エレガの後、私が20年以上使っているのはこれ。決して、世間の評判と価格ではありませんね。

自身で感じることを信ずることが出来ない人、又は放棄した人が、評論家の言い成りになる。

何かを評価する場合、リファレンスとなる機器やシステム、耳は必要です。
ただ闇雲に評価しても始まらないのです。
特に「耳」は誰かが教える物ではなく、教えられるものでもありません。

音響工房アナログ式
analogmode.jimdo.com

| | トラックバック (0)

2018年11月 6日 (火)

ライブレコーディング

Img_20181106_095058_261

 

11/3 ライブ録音、40回線2ch一発〜MA→DVD上がり。
キャパ1600のホールでの収録。
演奏者以外のスタッフは30人程。
私は9時入り→打合せ→待ち→リハ→待ち→1回目本番収録→待ち→2回目本番収録→帰りですが、PA、照明、VTR等のスタッフは本番以外も直しの調整で動いています。
私は特に問題がなければ、外の空気を吸いに街に出たり、仕出しを食べながらPA、照明のスタッフと雑談をして過ごします。
ライブ録音、楽しんで来ました。

60周年目指して

皆さん、お疲れ様。

| | トラックバック (0)

2018年9月25日 (火)

特注の部屋(71)2wayラインアンプ+パッシブEQ

LaPhoto_6

La_3

特注の部屋も(71)となったが、15年前OLD LINEというガレージメーカーを立ち上げた初期に、ラインアンプやコンプの特注製作が幾つかあった。色々あって当時の画像は存在しないので記事には上げていないが特注の実数は80近い。

さて、今回のラインアンプ+パッシブEQはオールブラックの筐体を使用している。
内側までもブラックだ。
というのは、長年使って来た秋葉原のO社が長い休暇を取り、連絡が取れず、
急遽、T社の筐体を使った。
O社のラックマウントケースも必要充分なパフォーマンスを持っており、
加工もし易く、海外のプロ用機器のスタンダード筐体と同レベルで丸みのある、
良い筐体だったのだが、手に入らないのでは仕方がない訳だ。

T社の筐体は贅沢過ぎる位に造りや塗装も良く、強度も高い。
当然、価格も倍以上違う。
O社が復帰するかは判らないが、今後はT社の筐体を使っていくことになるだろう。。

この2wayラインアンプ+パッシブEQのグレードは旧take2に多数の仕様変更を、
追加したもの。ゲインブロックはDとR。

非常に抜けの良いサウンドと野太くウォームなサウンドを切り替える事が出来、更にオリジナル回路のパッシブEQで、自由度の高い音場調整が可能。 楽器の様に使って頂ければと。

現在、take2は終了し、Basicモデルとなってお求め易くし、仕様変更をプラスしても、
リーズナブルである。

この記事を書いている今は、最終段階の調整中である。

●2wayラインアンプ+パッシブEQの詳細は、特注の部屋(51)をご覧ください。

Img_20180928_200314_935_2

| | トラックバック (0)

2018年9月17日 (月)

ライブレコーディング

Img_20180903_232026_763

ライブレコーディング、楽しかった。

| | トラックバック (0)

2018年7月 5日 (木)

12AU7試聴

Bugera

開講真近のワークショップ「大人の電子工作」に使う真空管が届いた。
全5回程の公開講座で管球式ヘッドフォンアンプを作る。

新製品、Eustachio Tube HPAとは少し異なるワークショップ用に製作したキット。

それに使うBUGERAのU7を試聴してみた。

25年程前、スタジオで真空管による音の違いを探るべく自作の機材を作り、
取っ替え引っ替えしていた。

X7、U7、T7、6AU6、6SL7を使えるラインアンプだった。
(6AU6は三結)
当時、手に入る球を秋葉で物色し、集まった250本のプリ管。
それぞれ特色を持っていたが、録音に使ったのはRCA 7025とSTCの6SL7。
音楽再生のみならテレフンケン、LUX、ハンガリーの某メーカー(本当は名前忘れた)も良かったが、録りでは圧倒的にRCA とGT管ではSTCがAPIやAMPEXとマッチしていたし、
私の考えるサウンドにもマッチした。

BUGERAはベリのアンプ部門の会社で球は中国に発注している。
エージングで少し変わって来る筈だが、基本にある音は変わらない。
25年前に試した同じくチャイナのゴールデンドラゴンと,
ロシアのソブテックを足して7:3位の音がする。

気のせいかな。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 7日 (月)

愛用していた機材達

Api_4 Oldline_2

' 76 API コンソール / 第1期APIのファイナルver.でオリジナルAPIと云えるのはここまで。インラインではなくスプリット型。オールディスクリート。
AMPEX MM1200-24 / 名機AGシリーズとほぼ同じディスクリートのオーディオ系を持つ2インチ24トラック。
AMPEX ATR102 / AGの後継機だがオーディオ、走行系ともかなり変更された。米国ではよく使われていた。1/4インチ2トラック。
AMPEX AG 440B / 云わずと知れたアンペックスサウンド。1/4インチ2トラック。
STUDER A810 / 名機A-80の後継機、ATR同様、かなり変更されてるが、スチューダーのサウンドは継承。メータパネルにSP付なのでA-80RCに近い。バタフライヘッド。1/4インチ2トラック。
AMCRON DC300A/CROWN DC300 Ⅱ/ 超弩級の電源部とCANタイプトランジスタのアンプ。
JBL4331B / これも云わずと知れたスタジオモニター、2420ドライバの2way
AURA TONE 5C / '70~'80初頭の初期モデル、カラっとしたスピードのあるサウンドは初期モデルならでは。
DC300Aと5Cは今でもライブ録音に使っています。 (写真は20年位前)
20年前位です。
自作の真空管式機材や周辺機器、マイク等は別にして大物だけ書きました。
音響工房アナログ式 http://analogmode.jimdo.com

|

2018年4月28日 (土)

ライブ録音の日

Midas40_3 Midasxl88

久し振りにライブ録音でフェーダーを、動かして来ました。
2ch1発と言うと、若い方に通じないといけませんので、
2ミックス録音と言いましょうか。。
これで、レコーディングとミックスは同時に終わった訳です。
以前はレコード会社、レンタルスタジオでの録音や、コンサート録音でよく行われた手法ですから驚くには値しません。
ただ、やる人が殆どいなくなっただけです。
古いMIDASのXL88 MATRIX MIXERを終段に使っています。
楽しかった。
音響工房アナログ式

|

より以前の記事一覧