« 12AU7試聴 | トップページ | 7/29「アナログ太陽ラジオ」ワークショップ終了 »

2018年7月27日 (金)

『管球王国89号』に掲載されました。

Photo2018年7月26日発売の『管球王国89号 SUMMER』の「実験工房~コンパクトスピーカー聴き比べ=16機種 真空管アンプで音楽の感動を引き出せるか」で、音響工房アナログ式Eustachio TUBE HPA(take2) IMAI式」がプリアンプとして使用されています。新忠篤氏×佐藤隆一氏の対談とともにお楽しみください。

 

◆試聴には、二つのシステムが使われています。CDPはSTUDER/A730
①プリ/TC1改/パワーアンプ/AP7・300Bプッシュ(プリ、パワー共、新忠篤氏製作)
②プリ/Eustachio TUBE HPA/take2/パワーアンプ/エアータイト/ATM1S

 

 

ATM1Sの右隣にEustachio TUBE HPA take2

 

 

佐藤氏、荻野氏、お二人の心意気に感謝致します。

 

◎製品に関するお問合せ、お見積り(無料)等はお気軽に。
音響工房アナログ式
http://analogmode.jimdo.com/

 

 

 

◎機材に関するお問合せ・受注製作のご相談・お見積り(無料)は

 

 

Hpa

 

 

 

Img_20180808_190938_892

 

 

Img_20180808_163058_642

 

 

|

« 12AU7試聴 | トップページ | 7/29「アナログ太陽ラジオ」ワークショップ終了 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『管球王国89号』に掲載されました。:

« 12AU7試聴 | トップページ | 7/29「アナログ太陽ラジオ」ワークショップ終了 »