« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月25日 (月)

真空管ヘッドフォンアンプ・Eustachio TUBE HPA

 Eustachio TUBE HPA (真空管ヘッドフォンアンプ)

Hpa_2

◆続報◆   Eustachio TUBE HPA take2 が、「管球王国」89号、実験工房の記事に使って頂くことになりました。 プリアンプとして使われるようです。 「佐藤隆一氏×新忠篤氏による試聴対談」 佐藤氏の心意気に感じ入った次第です。 詳しくは7/26発売の管球王国89号で。 果たしてどんな結果が出るのか、楽しみです。

◆4/1に掲載した記事を更新しました◆

管球式ヘッドフォンアンプ / Eustachio TUBE HPA

今迄に真空管を使用した機材、アンプ等は数々製作しましたが、「グリッドリークバイアスの回路構成で如何に優れた物を作るか」 勿論、中身と出音の話です。この方式はフェンダーの名アンプの一つであるCHAMPのプリ部でも採用されています。今後もシリーズ化予定。

15周年記念の新製品です。「アナログ式」としてはめずらしいタイプではないかと思います。今回のコンセプトは「出来る限りコンパクトサイズで、妥協しないサウンドを実現すること」でした。

最近の廉価版の外観も悪くはないですが、音響機器はやはり音を決める「箱の内部」が重要です。そこで、「真空管を低電圧動作させる」ことに挑戦してみました。

◆低電圧動作モデルにありがちな、パワー不足、ノイズ、使い難さ等を解消しています。
(アナログ回路ですからノイズは皆無ではありませんが、インピーダンス33Ωのヘッドフォンで試聴し、聴感上のノイズは気になりません。)

【電源】24v単電源、ハイブリッド構成で、出力バッファにICオペアンプを使用しています

【配線】このEustachio TUBE HPAは、プリント配線ではなく、空中配線を元にして組んでいます。

廉価な量産モデルのプリントパターン+チップ部品とは一線を画し、手間はかかりますが音の「鮮度」や「存在感」等が格段に違ってきます。

【回路】真空管回路はディスクリートです。今回はコンパクトサイズを最優先し、ハイブリッド構成にしています。

【真空管】

12AU7を使用しています。同等管等に差し替えることでサウンドを変えることが可能です。

●スタンダード/現行管

【ICオペアンプ】オペアンプを差し替えることで、サウンドキャラクタを変更することが可能です。

【コンパクトサイズ】 

   W150×H40×D100  

置き場所を選ばず、高品質アナログ音を気軽にお楽しみ頂けます。スマホにも使用可。

【プリアンプ/ラインアンプ】RCA出力付きですので、アクティブSP、パワーアンプ等へ接続しプリアンプ、ラインアンプとしてのご使用もお薦めします。

【真空管の魅力】

音、姿、灯りの魅力。ただ眺めているだけで、その世界に惹きこまれるような魅力や暖かみがあります。かつて、スタジオのレコーディング用に自作及びオールドの管球式機材を使用していました。真空管ならではの「エージング」の楽しみも味わって頂けます。

奥行きと立体感の在るサウンド。以下の2タイプをご用意しています。真空管のノスタルジックな灯りも印象的な、耳と目で音世界を楽しめる製品です。

【スタンダード】※写真

真空管の世界をお手頃価格でお楽しみいただけるアナログ式オリジナルの既製品です。ネットショップからもお求めいただけます(カード払い可)

Hpa_6  Hpa_7 (take1 フロント|リア)

Hpa5222 take2

◆take2 (IMAI式) 2タイプのサウンドを切替えて聴くことが可能。

ワイドレンジで抜けが良いサウンドのHi-Fiモード、ややナローでダークなBlue Noteモード。
それぞれ好みがありますが、ソースや気分によって選ぶのも良いと思います。

◆take2 ハイグレード

全てのパーツ、線材を「アナログ式」が選んだハイグレードな物を使用し、時間を掛け、試聴しながら仕上げていきます。

スタンダードなtake1/take2も充分なサウンドクォリティを持っていますが、take2ハイグレードは、
艶、空間表現等、更に上をゆく音楽性を持っています。

【仕様】
●L/R 独立VOL  
●入力 RCAピンジャック
●出力 1/4inch標準フォンジャック+RCA 
 ジャックの耐久性、メンテを考慮し標準サイズを使用、miniジャックは変換プラグをお使い下さい。
●ACアダプタ付き  ●サイズ W150 H40 D100

●価格  限定2台◆take1 38,000円→30,400円 

 ◆9/24迄◆     限定2台◆take2  48,000円→38,400円    teke2 ハイグレード 88,000円(トランス式オリジナル電源仕様・別筐体)

◆DELTA仕様 128,000円

●納期目安  30日(take1)  45日(take2)  ハイグレードは60日

◆お問合せ、ご注文はメールで⇒「アナログ式」

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみです。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します。 http://analogmode.thebase.in/

音響工房アナログ式 http://analogmode.jimdo.com

|

2018年6月15日 (金)

音響工房アナログ式 新ブログ『工房通信』はじめました

4 音響工房アナログ式サイト内では、新ブログ『工房通信』を始めました。第1回は『IMAI式パッシブイコライザーとは』です。現在、24日まで15周年特別価格で販売しているmini peqを中心にご紹介しています。価格帯は2万円から12万円と入門機種からプロ仕様まで幅広く対応しています。楽器のように演奏する感覚で楽しめ、電源を必要としないアナログならではのIMAI式パッシブイコライザーをこの機会にぜひお試しください。

新製品やピックアップ製品などを、作り手の視点からご紹介していきます。また電子商店『アナログ式(オンラインショップ」のセール情報等もご紹介していきますので、どうぞお楽しみに。
◎ご質問、ご相談、お見積りなど。お気軽にお問合せください。⇒mail

|

2018年6月 8日 (金)

『IMAI式」について

IMAI式・・・主宰の今井年春が音響エンジニア歴40年の手と耳、経験・技術・知識から設計したオリジナル回路の総称です。

1台の中に2台分の性能を携えた、プライベート工房だから製作可能となった画期的な製品です。もちろん受注製作ですから、お客様のご要望通りに切り替えるサウンドを設定することが可能です。

【IMAI式の2つの特徴】

①EQを使わずに回路の定数を部分的に切り替えることで、異なったサウンドを得ることができます。

②1台の中に特性の異なるアンプ基板を搭載し、それを切替えることで異なったサウンドを得られます。(2way)

③従来のEQには類を見ない直感的な操作性を可能にした独自の回路(パッシブEQ)。

2waylapeq 「2wayラインアンプ」 同一筐体に2組のラインアンプを搭載しスイッチする。

Hp「 Eustachio TUBE HPA」 Hi-Fi / BlueNoteサウンド切替

Oldboy2 『OLDBOYマイクプリ」  Hi-Fi /Fat 音質切替」

Fb 「1960ゲインブロック」 8タイプのサウンドキャラクタ及び特注サウンド仕様のディスクリートオペアンプ。

   Take2_3

「パッシヴEQ」 自由度が高く直感的にコントロール出来る独自の回路。

詳細は音響工房アナログ式のサイトをご覧ください。

|

音響工房アナログ式・ホームページをリニューアルしました。

Optlim    音響工房アナログ式は15周年を迎え、ホームページ、FB専用ページ等を全面的にリニューアルいたしました。スマホからも見やすくなりましたので、是非下記リンクからご覧ください。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。今井年春

(写真は15周年特別企画サイト『この1台』より
音響工房アナログ式(旧OLD LINE) ホームページ
15周年記念・特設サイト
FB専用ページ『アナログ式』
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2018年6月 6日 (水)

◆15周年記念「IMAI式直列ラインアンプ」受注開始のお知らせ◆

Imai_2

15周年記念 特注「IMAI式直列ラインアンプ」

音響工房アナログ式 (旧オールドライン)の主力商品はラインアンプです。主宰の今井年春が40年の音響エンジニア歴の中で自身の「仕事道具」として開発したオリジナル回路を使用し、Eustachio,DELTAのふたつのブランドで定評を得てきました。『IMAI式』は満を持して、15周年特別企画としてこの二つのラインアンプとは異なる基本回路及び構成を持つラインアンプです。長年の耳と手の経験、技術、知恵を惜しみなく注ぎ込んだ自信作です。

過去の製作例につきましては、現在お客様から送られた写真とともに15周年特設サイト内「この1台 」で公開しています。是非ご覧ください。

【特徴】ディスクリート多段構成のラインアンプです

◆パーツ及び作りのグレードは2種。
    ①Delta ver.2仕様
   ②Eustachio ver.1仕様

写真はDeltaラインアンプ、外観の製作例として載せています。2chの場合、基本がステレオ仕様、デュアルモノ仕様は価格は変わります。

回路構成を変えたラインアンプは、5年前からテストベンチで試作しており、音の押出し力、演奏の躍動感等の「音の表現力」を最優先にしたラインアンプです。
その上で、音の艶、透明感等の「印象」は損なうことはありません。

例えば、レコーディング用のコンソール卓は、プリ部だけで録った音と卓全体の回路を通して録る音では(好き嫌いは別にして)「違い」があります。
これは優劣を示すものではなく、ケースバイケースで使い分けることができる「質感」のことです。

Img_20170113_093709_100

アンプが多段になることで得られる効果、それが「音の違い=差異」なのです。

【I/O アンバランス】

バランス仕様も可能です(※別途お見積り)。
基本仕様はラインアンプのみですが、
3タイプともパッシブEQ付きでも製作可能です。

パーツグレード、作り等を調整することで同価格で製作可。
パッシブEQのグレードは各タイプで異なります。
(ステレオ仕様→デュアルモノの場合も同様の調整をすることで追金なしでの製作も可)

ラインアンプのパーツグレードや作りの調整をせずに、パッシブEQを追加する場合は、イコライザのグレードにより追金が発生します。
勿論、ゲインブロックも特注仕様の1960-LIM

※製作を依頼される方の、サウンド面でのご希望を実現します。

【基本価格】

◆Delta仕様

Bタイプ 450,000円(3段)
Cタイプ 600,000円(4段)
Dタイプ 800,000円(5段)

各タイプ年間限定1台の製作になります。

◆Eustachio仕様

Bタイプ 220,000円 (3段)
Cタイプ 330,000円 (4段)
Dタイプ 480,000円 (5段)

各タイプ年間限定1台。Delta仕様はver.2と同等。ver.1仕様については、お問い合せ下さい。

◆納期はタイプ、仕様等によって変わりますので、お問合せ下さい。

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

http://analogmode.thebase.in/

「IMAI式ラインアンプ」について、お問い合せはメールで。

analogmode21@gmail.com

Deltalaok1

音響工房アナログ式 ホームページはこちら⇒

| | コメント (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »