« 「始めに内部ありき」 | トップページ | ライブ録音の日 »

2018年4月24日 (火)

R'sアートコート「嬉し懐かしの夜」

Rs22日(夏日)大久保は東京労音R'sアートコートへ。


ここへ来るのは12,3年振りだろうか、、、その時はPAを頼まれ、仕事で行ったのだが、今回はコンサートを聴きに。

33年前にレコーディングしたボリビア音楽のグループ「Grupo Khantati」結成35周年記念コンサート。

カンタティ録音のプロデューサだった竹村 淳さんから連絡を頂き、招待してくれたのだ。

竹村さんとは、この時が初めての仕事だった。(RCAの森さんの紹介とのこと)カンタティ以後も何枚かのアルバムで竹村プロデューサ/今井エンジニアとして仕事をさせて頂いた。

つい最近も本を上梓される等、
81というお歳を感じさせないほど精力的に活動されている。
見習わなくては。。

33年前当時、フルアナログで録り、カッティングし、上がりはLPレコード。
(マルチもマスターもアナログということ)レコーダーはAMPEX、卓はAPI、薄っすらかけているリバーブもアナログ。
(Master RoomかAKG)

今迄に仕事したレコーディングセッションについては、演奏、ミュージシャンやプロデューサのこと、私がエンジニアとしてどんな事をやって、どんな事があったか、セッションの雰囲気等、仔細に記憶している。
そう、この時のアシスタントもイラ沢ガンジ君だった。

全て書いたら、分厚い本になるだろう。

メンバーの変遷は付きもの。バンマスのエルネスト河本君はそのまま(当り前)choで参加の島田静江さん(今はチャランゴとVo他)。当時、サンポーニャは瀬木君(今は武田耕平君)。チャランゴは佐野君、そして、ルイス カルロス(元ロス ライカスのメンバーで、Gt Vo)の4人。パートを書いたけど実際は皆、色んな楽器を奏でるんだけどね。
嬉し懐かしの夜。

終演後、竹村さんと二人で静かに飲もうかと話していたのだが、流れで打ち上げ飲み屋へ。

流れは正解だった。エルネストやルイスを含め、ゆっくり色んなことを語り合えたから。

朝型生活になり、夜はめっきり弱くなったが、この日ばかりは「朦朧の瀧」にはならず。

の筈だったが、電車で睡眠、終点唐木田で車掌さんに「お客さん!終点ですよ!」
CMにありましたね。。

新百合まで戻り町田へ、後は歩いて無事生還。

皆さん、
楽しい一夜を、ありがとう。

竹村さん、また一杯やりましょう。

音響工房アナログ式

|

« 「始めに内部ありき」 | トップページ | ライブ録音の日 »