« 「アナログ式」はプロ用音響機器としてスタートした。 | トップページ | R'sアートコート「嬉し懐かしの夜」 »

2018年4月23日 (月)

「始めに内部ありき」

音響工房アナログ式 Analogmode  since2003

製品の紹介 Products

始めに内部ありき

Deltalaok1Delta

写真はDelta◆THE LINE AMP◆です。

この外観は、ノイズ発生や干渉を起こさない内部回路の配置や、操作性を重視したところから自ずと決まってくる「顔」です。

往年の真空管やトランジスタを使ったディスクリート機器と同様に「始めに内部ありき」なのです。

内部の秘密

1960ゲインブロック

OLD LINEの主力製品である

独自のディスクリート回路を構成する1960ゲインブロック。

このディスクリートオペアンプには8タイプのサウンドキャラクタがあり、

真空管のように差し替え可能です。

Oldboy2_2

(写真左)2ch old boy 2マイクプリアンプ

製作中「バランスコンバータ」の内部写真

Photo

Lapeq

LA+PEQ

■ディスクリートのアナログ音を、もっと気軽に身近に

 

■analogmodeがめざす音■

時代と共に失われつつある、ディスクリート&ハンドメイドのアナログ機材。

しかし生まれた時からデジタルが当たり前の世代が大人になり、デジタル機器とアナログをつなぐことで広がる音の世界感が、今あらためて注目されています。

 

音の本質を失わず、温かく、存在感があり音楽的な(人間的な)奥行きや表現力のあるアナログの音。まさに血の通った音は、時に音楽すら越える力を持って、無条件に人の心に届きます。

40年の録音エンジニア経験、2003年から7年間で500台以上を受注製作した耳と手が作り出すオリジナル回路を通したアナログ音の世界をお楽しみください。

 

1960年代までの、ハンドメイドが主流だった音響機器には

独特な温かみのある音を生み出す力があると思います。

デジタル音が主流の現在だからこそ、当時のアナログ音は、ミュージシャン、録音関係者、オーディオマニア等に年々見直される傾向にあります。

自スタジオで長年ビンテージAPIコンソール(1976年製 28-16-24)や、AMPEX、STUDER等のアナログ機器をを使い、録音現場で培った経験をもとに、analogmodeならではのスピリットを持った音響機器を目指します。

Photo_2 Photo_3

オーディオ再生や音源制作に、デジタルをより感動的にするアナログ機材として、お役立てください。

プロ用音響機器としてスタートしたアナログ式(旧OLD LINE)。主力製品のラインアンプは、オーディオ再生、レコーディング、PA等のシステム中に入れることでS/Nの悪化や音痩せ、不自然な色付けなく、音や音楽性を損なわずに様々な効果を得ることができます。

 サウンドの躍動感、透明感、艶、芯を大切に、システム全体を調和させることに定評があります。既製品から半特注、素子(ディスクリートオペアンプ)まで特注のタイプ。価格もご予算に合わせて様々な仕様で製作出来ます。

「思うようなサウンドにならない、再生されない、創れない、」と感じている方は、まずはお気軽にメールにてご相談ください。
(ご相談、お見積りは無料です)。⇒Mail

 

|

« 「アナログ式」はプロ用音響機器としてスタートした。 | トップページ | R'sアートコート「嬉し懐かしの夜」 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119712/66643138

この記事へのトラックバック一覧です: 「始めに内部ありき」:

« 「アナログ式」はプロ用音響機器としてスタートした。 | トップページ | R'sアートコート「嬉し懐かしの夜」 »