« ◆製作中のDELTA「THE LINE AMP」2way/ ver.1/パッシブEQ付 | トップページ | ■analogsiki「アナログ式」が目指すもの■ »

2018年2月 6日 (火)

◆mini peq take1◆お客様の声◆

 

 

 

Minipeq_take1_3

 

 

 

 

 

◆minipeq take1嬉しいメールが届きました。

 

 

DELTA PEQもお使いになっている方からです◆

 

 

この度はまたお世話になりました。

 

本日到着し、早速セットして聴いておりますが、結論を言いますと、

 

前回のDeltaPEQと同様の素晴らしい威力に感服しております。

 

 

昨年末、メインのマランツのCDプレーヤーが故障しまして、長期の

 

修理中のつなぎとして、デノンのDCD-50という安物のCDPを

 

購入したのですが、これがなんともはやスカスカの音で、解像度の

 

悪い事おびただしく、アナログ出力はもちろん、デジタル出力から

 

外付けのDDC+DACで96khzにサンプリングアップしても、とても

 

じゃないけど満足できる代物ではありませんでした。

 

 

そうした失意の中で思いついたのがアナログモード様のPEQでした。

 

接続はハイレゾ側のDACとプリアンプの間に挿入したのですが、

 

その効果は、音の捌きが素晴らしく、その結果、全体域にわたって

 

一音一音の有機性が格段に向上し、これが同じCDプレーヤーかと

 

耳を疑うばかりの変貌ぶりです。現在は低音側は最右、高音側は

 

左から2つ目のポジションでレベルの微調整をやっていますが、

 

これから、ソフトの録音状態に合わせて、さらに色々とやりこんで

 

行きたいと思っています。

 

 

以上、中々うまく表現するのが難しいのですが、まずは一聴した感想

 

を報告とさせていただきます。この度は本当に有難うございました。

 

 

今、古いグリュミオーのモーツアルト聞いていましたが、いやその生々しい
アコースティックなな響きにほれぼれと聴きほれてしまいました。
昨今オーディオの世界では、やれケーブルがどうの、真空管がどうの等々、
様々な意見が飛び交っていますが、そういった方々にはぜひパッシブ イコライザーの驚異の
世界で思い知って頂きたいとつくづく思います。
一人でも多くPEQの信奉者が増えることを、心より祈念しております。

 

 

K.Tさま、

 

 

ありがとうございました。

 

音響工房アナログ式

 

http://analogmode.jimdo.com

|

« ◆製作中のDELTA「THE LINE AMP」2way/ ver.1/パッシブEQ付 | トップページ | ■analogsiki「アナログ式」が目指すもの■ »