« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月11日 (金)

◆「ラインアンプについて」◆再掲載◆

◆2009年1月の記事ですが、ラインアンプについてのお問合せが多く、再掲載しました。

■今回は「アナログ式」の主力製品であるラインアンプ(ラインプリ)についてご説明します。現在、ラインアンプはDELTA、OLD LINE LABO(eustachio)、IMAI式、3ブランドで展開しています。それぞれについては該当記事をご覧ください。

■先ず基本として「ラインアンプ」とは、ミキシングコンソール等の各回路の出力部にあり、バッファー(緩衝増幅器)としての役割や、位相を反転して入力信号と同相の信号を出力したり、出力レベル調整を行うアンプのこと。バッファーアンプの説明は長くなりますので、またの機会ということに。(※初心者の方は不定期開催の録音道場へも是非ご参加ください)。

■本来、単体で販売するようなアンプではありませんが、周辺機器として積極的に使えないだろうか?と考案したのが、Old Lineのラインアンプ/ラインバッファーです。オリジナルAPIコンソールとAMPEXやSTUDERのテレコを導入したアナログスタジオを20年続けてきた中で、真空管式のラインアンプを自分用に制作して使っていました。これがなかなか活躍したので、いつか製品化してみようという想いがありました。そして、オリジナルのゲインブロック(ディスクリート・オペアンプ)が完成したことをきっかけに、それを使ったラインアンプの製品化が実現したのです。

■アナログ音源には勿論のこと、DAW主体の制作に於いても、アナログ感、艶、音の暖かさ、透明感、生き生きとした躍動感等を引き出す」ことが可能です。勿論、音源のクォリティを損なうことはありません。

むしろデジタル主流の制作現場でこそ、必用とされる機材ではないでしょうか。もちろんレコーディングやPA等の現場だけでなく、家庭や店でのオーディオ再生に於いても同様の効果を発揮します。例えばアナログLPをCDに焼く時に、プリアンプの後に入れたり、CDプレーヤーの後に接続しプリアンプとして使用しても良いですね。ラインアンプを通すだけでアナログ感を取り入れられるのだから、なかなか便利な機材です。

■オーディオ再生に使用する場合はパワーアンプの前に入れてプリアンプとして使います。つまりCDPやフォノEQ、テープレコーダー、ipod等をラインアンプへ入力するのです。(ラインレベル専用のプリアンプ(前段のアンプ)つまりフォノ入力はない訳です。ラインコントロールアンプと呼んでもよいのです。

■現在、受注製作しているオリジナル・ラインアンプは、独自のハンドメイド・ディスクリート増幅素子であるゲインブロックを使用した、オールディスクリート構成です。同じくオリジナルのゲインブロックは8種類のキャラクターがあり、それを交換することでラインアンプ自体のサウンドキャラクターを変えて使うことも出来ます。ゲインブロックのキャラクターについては1960ゲインブロックの記事を参照して下さい。(※ゲインブロックは2009年さらに進化しました)。

■レコーディングでの使い方は、音源をトラックへ取り込む時には「音源出力→ラインアンプ→ラインアンプ出力→インターフェース」という流れが一般的です。またトラックをまとめてサブミックスのトラックを作る場合は、「インターフェース出力→ラインアンプ→ラインアンプ出力→インターフェース」と戻し、サブミックス用のトラックへ録音します。また、ミックス時やマスタリングの時にトータルコンプを入れて仕上げることはよく行われていますが、是非ラインアンプでも試してみて欲しいと思います。さらにマスタリングでも、音が断然違ってきます。

■あらゆる場面で、オールラウンドに活躍するラインアンプ。是非、アナログの醍醐味を味わって頂きたいと思います。

◆オンラインショップ http://analogmode.thebase.in/

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

◆仕様変更オプションは各仕様変更とも30%offになります。

◆製品については当ブログをご覧ください。

◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

「アナログ式」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

「小川銀次君へ、玉虫で思い出したこと」

8 8_2 8_3

山仕事への道、広大な「保水の森」の中、ほんのちょっとした小径ですが好きな場所です。

細枝の先端で羽化してる、、、まるで曲芸師だね。

イラガの繭、子供の頃よく見かけたな。幼虫は電気虫の名の通り刺されると大変痛い。

釣りでは玉虫といってタナゴ釣の餌に使うので、前もって集めておくのです。
千住にいた頃、葛飾の小合溜(水元公園)に玉虫持って行きましたね。

そういえば、外来魚に駆逐されたタナゴを追って、茨城に移住したギタリストがいた。。

千寿第七小学校の二年後輩、
クロスウインド、RC等にいた小川銀次君。

彼は中居町、僕は桜木町、
近所でした。

2年前に亡くなっていたんですね。。

天国でも思う存分ギターを引き、酒を飲み、タナゴ釣して下さい。

一杯やろう、と言ってから何年が経ってしまったのか、彼は日本酒が大好きでした。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

◆15周年記念「IMAI式ラインアンプ」受注開始のお知らせ◆

Img_20170113_093709_100Imai_2

15周年記念 特注「IMAI式ラインアンプ」

現在、「アナログ式」ではラインアンプとしてold line labo
とDelta、二つのブランドで展開しています。

この二つのラインアンプとは異なる基本回路及び構成を持つ「今井式ラインアンプ」
ディスクリート多段構成のラインアンプ。

◆パーツ及び作りのグレードは2種。
    ①Delta ver.2仕様
   ②Eustachio ver.1仕様

写真はDeltaラインアンプですが、外観の製作例として載せています。

2chの場合、基本がステレオ仕様、デュアルモノ仕様は価格は変わります。

回路構成を変えたラインアンプは、5年前からテストベンチで試作しており、
それが音にどう反映するのかといいますと、音の押出し力、演奏の躍動感の表現を最優先したラインアンプになります。
勿論、音の艶、透明感を損なうことはありません。

例えば、レコーディング用のコンソール卓でお話すると、卓のプリ部だけで録った音と、卓全体の回路を通して録るのでは、
好き嫌いは別にして、だいぶ違ったものになります。
私は、ケースバイケースで使い分けていました。
これと、同様の違いと言えば分かり易いかも知れません。

アンプが多段になることによる効果があり、違いなのです。

◆Delta仕様

Bタイプ 450,000円(3段)
Cタイプ 600,000円(4段)
Dタイプ 800,000円(5段)

各タイプ年間限定1台の製作になります。

◆Eustachio仕様

Bタイプ 220,000円 (3段)
Cタイプ 330,000円 (4段)
Dタイプ 480,000円 (5段)

各タイプ年間限定1台。Delta仕様はver.2と同等。ver.1仕様については、お問い合せ下さい。

◆I/O アンバランス

基本仕様はラインアンプのみですが、
3タイプともパッシブEQ付きでも製作出来ます。
パーツグレード、作り等を調整することで同価格で製作可。
パッシブEQのグレードは各タイプで異なります。

(ステレオ仕様→デュアルモノの場合も同様の調整をすることで追金なしでの製作も可)

ラインアンプのパーツグレードや作りの調整をせずに、パッシブEQを追加する場合は、イコライザのグレードにより追金が発生します。

勿論、ゲインブロックも特注仕様の1960-LIM

製作を依頼される方の、サウンド面でのご希望を実現します。

◆納期はタイプ、仕様等によって変わりますので、お問合せ下さい。

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

http://analogmode.thebase.in/

「IMAI式ラインアンプ」について、お問い合せはメールで。

analogsiki@gmail.com

Deltalaok1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »