« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年1月18日 (水)

Y.E.氏のこと

Photo

Y.E.氏のこと

旧赤スタの良き先輩方のうち、ミキサーとしてだけでなく、
ハードエンジニアとしても優れた人がいました。

年季の入ったエンジニア、制作の方ならご存知の方は多いでしょう。

非常に寡黙な人で、小さな声でボソリと一言二言。
私を含め、耳が良い筈のミキサー連中でさえ、何を言ったのか聴き取れない程なのです。

ですから、えっ、えっ…? と、何度も聞き返さなければなりません。

当時、私のホームスタジオと彼の家は近く、レコーディングセッションが終わってから、
オフの日や私が渓を彷徨っていない時には、一緒に飲み屋というのが常でした。

アルコールで2時間程アイドリングするとポソポソ喋り始めるのですが、
それ迄は私が喋っているか、沈黙か。

ハードのことで質問しても、
さっきの、えっ…、えっ…?
になるわけです。

ストレートに教えてくれたことは一度もありません。
ボソリと、ヒントのようなものを一言二言。

やっと聴き取れた一言を私は想像し、
考察しなければなりません。

うーむ…、うーむ… … …

もう一度、出直しだ!
もっと、もっと考えて来てからでないと!

とまあ、このような感じでしたが、
振り返ってみると、
大切なことを教えてくれていたんだな、
と思います。

本当に人を育てようと考えている人は、
手取り足取り教えたり、マニュアルで縛ったりしないのだと。

しばらく会ってないなぁ…

また、一言二言を聴きたいものです。

エイヒレで1杯やりたいね、
Y.E.さん

音響工房アナログ式  http://analogmode.jimdo.com

|

2017年1月 5日 (木)

◆お客様の声◆DELTA PEQ◆

先日、お送りしたDELTA PEQのご連絡を頂いた。喜んで頂いて嬉しい限りである。

Delta_peq

「この度はお世話になりました。

本日無事にDeltaPEQ届きました。
大変お忙しいところサイズ変更などの無理なお願いをお聞き届けいただき本当にありがとうございました。
早速つないで聴いていますが、いやホント凄いですね!
永い間3ウェイチャンデバのクロスとレベルの調整に(限界を感じつつ)悩まされる日々を送ってきましたが、
PEQの追加で一筋ならぬ光明が見えてきました。
パッシブイコライザーはマンリーやチャンドラーなどを指を咥えて眺めていたんですが、
アナログモード様に巡り合えて本当に良かったと今は思っています。
伺いたいことや感想など色々ありますが、もう少し頭を整理してからまたの折にということでお願いいたします。
まずは今日のところはお礼までとさせていただきます。」
KT様
今年(2017)KT様から賀状を頂きましたので、一部を以下に掲載させていただきます。
「端的に申しますと、DELTA PEQ導入以来、チャンデバのクロスポイントは、
一切弄る必要がなくなったこと、音質、音場の補正も思いのまま、
自由自在のコントロールが可能になったこと等が偽らざる感想です。
現在、DELTA PEQは私の3ウェイマルチシステムの要となっており、
もはやこれなしの音創りは考えられなくなってしまいましたことを、
報告とし、御礼とさせていただきます」
KT様、ありがとうございました。

 

◆I/Oに差動回路(ゲインブロックによるディスクリート構成)を追加した、
バランス入出力仕様も可能(別筐体になります)

音響工房アナログ式  http://analogmode.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

|

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »