« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月 5日 (水)

特注の部屋(48)完成版 A級・AG用プリ 「NEIRO TRM」

Image

Image_2

AG用のプリが完成した。
「NEIRO TRM」

前々回の記事にあるようにTRSフォンプラグのTipとRingを使い2種のピックアップのゲインを個々に調整して出したり、サミングしてミックスしても出せる。

また、SOLOとMIXの切替SWでTipのピックアップはSOLOで、Ringの方はMIX経由にしてSOLO経由とはニュアンスを変えて出すことも可能。

なぜニュアンスが変わるのか、MIX経由にするとサミングで1段、位相反転1段と段数が増えることと、今回のはゲインブロックのタイプをTip/Ringは1960-F、サミングはA、位相反転がCとキャラの異なるブロックにしてある。

更に自分で4個のゲインブロックを差し替えて組み合わせを変えれば、また変わるのだ。

W200 H40 D150ハーフラックサイズ。Aクラス増幅素子1960ゲインブロックを4個搭載したディスクリート回路。新ブランド「NEIRO」の1号機。

他メーカーの製品にも同様のプリがあり、もっとコンパクトだ。
だが、回路電圧は9Vでディスクリートではない。

「NEIRO TRM」は15V。
電源は機器にとって、ガソリンに相当する。
電圧が高く、電流も多く流せれば出力は大きく取れ、音のダイナミックレンジは拡大する訳だ。

そして、ディスクリート回路➕専用電源(スイッチング電源ではありません)

余裕のある、鮮度の高いギターサウンドを引き出してくれる。
勿論、AG以外の楽器もOK。

AC 100v仕様。

コンサートやストリート、レコーディングにと楽しめると思う。

最後になったが、依頼主はギタリスト aki Miyoshi 氏。

95,000円⇒SOLD
(ゲインブロック1960-Cのスタンダード仕様)

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

◆ 電子商店 http://analogmode.thebase.in/

お問合せは analogmode21@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 3日 (月)

特注の部屋 (50) old boy 2 A級・マイクプリ・2ch仕様

二段構成マイクプリ、old boy 2の2ch仕様。

バランス出力とするため、計8個のAクラス増幅素子・ゲインブロックを載せている。
依頼主はWWCの田辺 玄氏。
このマイクプリの他にoptlim光学式コンプやアクティブEQ➕パッシブEQを、
お使い頂いている。全てI/Oバランス仕様モデルだ。

◆Facebookに書いていますが現在このマイクプリは、
入力トランスを追加し、2種類のトランスを切替出来るように改造するため、
お預かりしている。

世の中広しと言えども、トランスを切替てニュアンスを変えることの出来る、
マイクプリは恐らくこの1台だけだろう…。

1段目1960-F  2段目B  差動出力にC。

◆入力トランス シングル仕様
◆15周年記念・特別価格◆ 280,000円⇒196,000円

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

◆電子商店「アナログ式」 http://analogmode.thebase.in/

お問合せは  analogmode21@gmail.com

Image_3

Image_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 2日 (日)

特注の部屋 (49) A級・4chマイクプリold boy仕様

特注4chマイクプリ(中をピシッとするのはテストの後)

依頼主はビクターの制作部の某氏。クラシックや邦楽の録音に使うとのこと。

スタンダードモデルは廉価版のMPX4だが、今回はold boyというランクアップしたプリアンプを使用している。
つまり、4ch版old boyマイクプリなのです。

出来るだけコンパクトで軽くという要望により、ラックマウントケースではなく W350 H55 D230の筐体を使う…これで幅が13cm程小さくなるが、この辺がギリギリ。

各ch毎のP48(カーチスではありません…^^;)
old boy仕様の音質切替が付き、オプションでゲイン切替、出力VOLを追加。
ゲインブロックは1960-Dに変更した。

更に1chには楽器用Hi-Z入力とマイク入力切替付。

バランス出力部をディスクリート構成にすると、スペースが足りない…だがサイズは決まっている… …ここでちょっと思案橋ブルース。

プリアンプはAクラス増幅素子・ゲインブロックによるディスクリート、出力はゲジゲジ(IC)とハイブリッド構成で落着。
ICはプロ用スタンダードの5532とした。シングルではなくスペースの関係上、デュアルで。

◆(ゲインブロックは1960-C仕様)

◆15周年記念・特別価格◆ 240,000円⇒168,000円

(1960-Dへの変更以外のオプション込)1960-C仕様です。

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

どんな機種でもコンパクト化するのは時間が掛かる…眼も腰も痛い(笑)

前記事のAG用プリの完成も近いが、MPX4、2wayラインアンプ➕パッシブEQ、optlim光学式コンプ、マスタリング用ラインアンプ等も完成に向かって歩み中…。

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

電子商店「アナログ式」 http://analogmode.thebase.in/

お問合せは  analogmode21@gmail.com

Image

Image_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »