« 特注の部屋 (45) A級・eustachio optlim光学式コンプ+ラインアンプ | トップページ | ◆夏休み自由研究・はんたづけカフェ「アナログ太陽ラジオ」電子工作ワークショップ開催します! »

2013年6月 6日 (木)

特注の部屋 (46)A級・ 2chアクティブEQ+パッシブEQ

Image_5

昨日、ゲインブロックのモールドも完全に固まり、最終テストを経てEQは嫁入した… 毎回そうだが、発送の段になると手放すのが切なくなる(笑) このアクティブEQ+パッシブEQはA級・ディスクリートEQと独自のパッシブEQの特性を合体することで、あらゆる音創りやサウンド補正が可能。

今回のは  WWCの田辺 玄氏の依頼。 I/O バランス仕様  (ゲインブロックは10個搭載) レコーディングやオーディオ再生に。 特性の部屋31もご覧下さい。

◆(ゲインブロックは1960-C仕様)

◆15周年記念・特別価格◆ 165,000円⇒125,000円

◆I/Oアンバランス仕様110,000円⇒82,500円

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

パッシブEQはmini peqクラスを搭載(Deltaや黒箱クラスへグレードアップすることも可能です。お問合せ下さい)

試聴音源は Bruce Cockburnのアルバム  Salt, Sun and Time

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

◆電子商店◆オンラインショップ◆ http://analogmode.thebase.in/

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

お問合せは analogmode21@gmail.com

|

« 特注の部屋 (45) A級・eustachio optlim光学式コンプ+ラインアンプ | トップページ | ◆夏休み自由研究・はんたづけカフェ「アナログ太陽ラジオ」電子工作ワークショップ開催します! »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119712/54281977

この記事へのトラックバック一覧です: 特注の部屋 (46)A級・ 2chアクティブEQ+パッシブEQ :

« 特注の部屋 (45) A級・eustachio optlim光学式コンプ+ラインアンプ | トップページ | ◆夏休み自由研究・はんたづけカフェ「アナログ太陽ラジオ」電子工作ワークショップ開催します! »