« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月11日 (火)

特注の部屋 (36)DELTA BLUE & VPEQ 2chパッシブEQ

小型パッシブイコライザ「DELTA BLUE」

 

Deltapeq 手前PEQ、奥DELTA BOXDelta_8

 

 

 

Deltapeq3_2BLUE  Delta_7

 

 

 

Vpeq2_2 VPEQ  Deltavpeq

 

IMAI式パッシブイコライザは、アコースティック楽器を演奏するように、直感的に操作するユニークな製品です。通常のイコライザは音を「数字」で調整します。フロントパネルの周波数、例えば「200Hzを3dB落とし1.5KHzを2dB持ち上げる」等、周波数やレベルの「数=視覚情報」と耳を頼りに音を操作します。この場合、人間の脳の使い方として聴覚よりも視覚情報が優位になってしまいます。
そこで、当工房のパッシブEQでは思い切って「視覚情報」を排し、「身体(耳)」を重視した設計にしました。チャンネルとEQ/BYPASS表示しかありません。IMAI式の独自の回路により、数値にとらわれず、自由で直感的に音質補正や音場補正を行えます。また補正に留まらず、楽器の延長線上に置く、楽器そのものを演奏するような積極的な音創りも可能です。最初は「戸惑う」かもしれませんが、是非積極的に音と関わり、楽しんで頂けたら幸いです。

 

ロータリSWとPOTを組合せた「IMAI式」オリジナル回路はCH辺り4個のパラメータが関連して動作します。一般的なEQとはかなり異なった調整系とすることで、直感的、感覚的に楽器の様にサウンドをコントロール出来るのです。

 

音録り、ミックス、マスタリング、オーディオ再生、EG、EB、Syn等の楽器からダイレクトに使うことが出来ます。

 

パッシブイコライザは線形回路ですから、イコライズしても歪み等の音質劣化がなく非常に自然な音質調整、音場調整が可能です。電源は必要ありません。

「管球王国」63号・実践ラボラトリー「録音エンジニア設計のパッシブEQで作るアナログ的な音」のタイトルで佐藤隆一氏×私(今井年春)の試聴対談で使用したDELTA PEQを改良しDELTA BLUEと改名。対談では小型ラインアンプDELTA BOXも併用しました。

 

◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

◆DELTA BLUE 6◆スタンダードモデル
●スタンダード仕様は6ポイントのロータリSWへと変更し、より細かな調整が可能になりました。
60,000円

◆DELTA BLUE 5(5ポイントロータリSW仕様)
50,000

◆ステレオ同時コントロールモデル⇒DELTA BLUE6 ⇒70,000円

                  DELTA BLUE5 ⇒60,000円

 

 ◆VPEQ 125,000円

 

(最上質なロータリSW,POT,ヴィンテージコンデンサを使用したハイエンドモデル)
◆ステレオ同時コントロールモデル⇒135,000
●VPEQも6ステップロータリ仕様が可能⇒お問合せ下さい。

 

 標準サイズ H190 H84 D150mm

 

一回り小さなW160 H74 D130mmでも可能です。

 

 

以下、レビューの一部をご紹介します。

 

①「この度はお世話になりました。
本日無事にDeltaPEQ届きました。

 

大変お忙しいところサイズ変更などの無理なお願いを

 

お聞き届けいただき本当にありがとうございました。

 

早速つないで聴いていますが、いやホント凄いですね!

 

永い間3ウェイチャンデバのクロスとレベルの調整に

 

(限界を感じつつ)悩まされる日々を送ってきましたが、

 

PEQの追加で一筋ならぬ光明が見えてきました。

 

パッシブイコライザーはマンリーやチャンドラーなどを

 

指を咥えて眺めていたんですが、アナログモード様に

 

巡り合えて本当に良かったと今は思っています。

 

伺いたいことや感想など色々ありますが、もう少し頭を

 

整理してからまたの折にということでお願いいたします。

 

まずは今日のところはお礼までとさせていただきます。」

 

 

 

「端的に申しますと、DELTA PEQ導入以来、チャンデバのクロスポイントは、

 

一切弄る必要がなくなったこと、音質、音場の補正も思いのまま、

 

自由自在のコントロールが可能になったこと等が偽らざる感想です。

 

現在、DELTA PEQは私の3ウェイマルチシステムの要となっており、

 

もはやこれなしの音創りは考えられなくなってしまいましたことを、

 

報告とし、御礼とさせていただきます」

 

 

本日到着し、早速セットして聴いておりますが、結論を言いますと、

 

前回のDeltaPEQと同様の素晴らしい威力に感服しております。

 

 

昨年末、メインのマランツのCDプレーヤーが故障しまして、長期の

 

修理中のつなぎとして、デノンのDCD-50という安物のCDPを

 

購入したのですが、これがなんともはやスカスカの音で、解像度の

 

悪い事おびただしく、アナログ出力はもちろん、デジタル出力から

 

外付けのDDC+DACで96khzにサンプリングアップしても、とても

 

じゃないけど満足できる代物ではありませんでした。

 

 

そうした失意の中で思いついたのがアナログモード様のPEQでした。

 

接続はハイレゾ側のDACとプリアンプの間に挿入したのですが、

 

その効果は、音の捌きが素晴らしく、その結果、全体域にわたって

 

一音一音の有機性が格段に向上し、これが同じCDプレーヤーかと

 

耳を疑うばかりの変貌ぶりです。現在は低音側は最右、高音側は

 

左から2つ目のポジションでレベルの微調整をやっていますが、

 

これから、ソフトの録音状態に合わせて、さらに色々とやりこんで

 

行きたいと思っています。

 

 

以上、中々うまく表現するのが難しいのですが、まずは一聴した感想

 

を報告とさせていただきます。この度は本当に有難うございました。

 

 

今、古いグリュミオーのモーツアルト聞いていましたが、いやその生々しい アコースティックなな響きにほれぼれと聴きほれてしまいました。 昨今オーディオの世界では、やれケーブルがどうの、真空管がどうの等々、 様々な意見が飛び交っていますが、そういった方々にはぜひパッシブ イコライザーの驚異の 世界で思い知って頂きたいとつくづく思います。 一人でも多くPEQの信奉者が増えることを、心より祈念しております。

 

 

 

PEQのエージング順調に進んでいます、操作も非常に分かりやすく直ぐに慣れました、スイートスポットも2 、3見つけて、曲のジャンルによって使い分けています、微調整が出来て色々なパターンのサウンドが作れますね、イコライザーの効き方もガッツリ効きます!自分好みのサウンドに出来るのは楽しいですね!コンプレッサーを軽くかませて、楽しんでます、DELTA BOXとPEQ最強コンビですね!メインで使っいる真空管のシステムにも勝るとも劣らないアナログサウンドですね!いや勝っているかも!

 

日に日に音が良くなっている感じがします。

 

大満足です。

 

 ◆ケースについては、写真以外の筐体での製作可。

 

 ◆I/Oに差動回路(ゲインブロックによるディスクリート構成)を追加した、

 

 バランス入出力仕様も可能(別筐体になります)

 

 ◆お問合せ、ご注文は メールで ⇒mail

 

 ◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

 

 

 

◆電子商店「アナログ式」http://analogmode.thebase.in

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音響工房アナログ式

 

 

 

http://analogmode.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2011年10月 1日 (土)

特注の部屋(35)DELTA BOX (A級・ラインアンプ)

●2012.1.28発売「管球王国」63号

DELTA BOXをラインアンプとして、更にDELTA PEQパッシブイコライザを使用した

試聴と対談(佐藤隆一氏×今井年春/OLD LINE LABO)掲載。

Deltapeq_2 手前PEQ,奥DELTA BOX

Dertasta1_2 FRONT I/Oタイプ

◆1960ゲインブロックによるディスクリート回路。

◆オーディオ再生、MIXやマスタリングに。

◆音質切替Hi-Fi/Fat (IMAI式)  出力CUT SW

◆I/Oはリアパネル配置でも製作出来ます。

◆筐体は特注の部屋(70)のラインアンプに使用したケースでも製作可能(別途見積もり)

サイズ H190 H84 D150mm

◆1960-Cゲインブロック搭載スタンダード仕様。

 take1  80,000円 
  take2  44,000円(作業工程とパーツを見直し、お求め易くしました)

◆DELTA PEQパッシブイコライザとコンビを組むと、更に音の幅が拡がります。

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

お客様の声 「ゲインブロックは1960-Fを搭載しています。 音圧が凄いですね!図太い音です!しかも大音量でもうるさく無いんですね!既存のオーディオば何だったんだろう?なんて思ってしまいました、ゲインブロック素晴らしいです!」

◆お問合せ、ご注文はメールで。 analogmode21@gmail.com

音響工房アナログ式 http://analogmode.jimdo.com

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »