« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年9月21日 (水)

特注の部屋 (37)Eustachio セレクタ+A級・ラインアンプ

Nakajimalafromt Nakajimalarear

●これはEustachioのラインアンプをベースに入力セレクタをプラスした特注品です。

●ラインアンンプ部と差動出力部に6個のゲインブロックを使用したディスクリート構成で、入出力ともバランス(RCA入力はアンバランス)

●ロータリSWではなく トグルSWによる入力切替+出力VOLのバイパスSWを設けています。

●入力/ステレオバランス2系統切替+ステレオアンバランス2系統切替            ●出力/ステレオバランス1系統

●1Uラックマウントケース(奥行き250mm) 

         インレタ仕上げ

価格

◆(ゲインブロックは1960-C仕様)

185,000円⇒SOLD
(I/Oバランス以外はスタンダード仕様)

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

◆製品については当ブログをご覧ください。

◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

お問合せ analogmode21@gmail.com  

 

Gomuin_logo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

特注の部屋 (36)DELTA PEQ & VPEQ 2chパッシブEQ 台数限定

●2012.1.28発売「管球王国」63号

DELTA BOXをプリとして、更にVPEQパッシブEQを使用した

試聴と対談(佐藤隆一氏×今井年春/OLD LINE LABO)掲載。

Deltapeq 手前PEQ、奥DELTA BOX

Deltapeq3_2PEQ Deltavpeq VPEQ

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

楽器にダイレクトに使ったり、録音やミックス等の制作、オーディオ再生、ハイレゾオーディオの再生補正に自由度が高く、自然な音質で音楽的にイコライジング出来るパッシブEQ

つきましては、この度の変更に伴い価格を改定します。 ◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

◆15周年記念・特別価格◆(オンラインショップは5%off)手数料発生のため。

スタンダードモデル
49,000円⇒44,000円
◆ステレオ同時コントロールモデル⇒54,000円⇒48,600円

◆VPEQ 110,000円⇒99,000円
(最上質なロータリSW,POT,ヴィンテージコンデンサを使用したハイエンドモデル)
◆ステレオ同時コントロールモデル⇒120,000⇒108,000円

標準サイズ H190 H84 D150mm
一回り小さなW160 H74 D130mmでも可能です。

◆I/Oに差動回路(ゲインブロックによるディスクリート構成)を追加した、
 バランス入出力仕様も可能(別筐体になります)

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

◆電子商店「アナログ式」http://analogmode.thebase.in

 

 お問合せ analogmode21@gmail.com 

Gomuin_logo

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »