« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »

2010年11月20日 (土)

特注の部屋(28) Aクラス・8CHミキサー

8ch

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

◆製品については当ブログをご覧ください。

◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

●今回ご紹介する特注品はと8CHミキサ同じケース(4Uと5Uの中間位)を使用した8IN/2OUTのミキサーです。ゲイン/パンポット/フェーダー/マイク/ライン切り替えといったシンプルな構成のディスクリートミキサー。オールディスクリート。コンパクトミキサー全盛期に一石を投じるような逸品になっています。何よりも、アナログを重視されたお客様の心意気に感謝。通すミキサーによっても、音が違ってくる(音が細くならず、存在感のある音)というこを実感頂けるのではないかと思います。

●I/Oは特殊な用途の筐体のため、リアパネルにマイク入力及びマスター出力を配置、フロントにライン入力及び2MIX出力(マスターフェーダ前)●マイク入力キャノン(バランス)ライン入力と各出力はアンバランス●マイク/ラインの入力切替は2CH毎に出来るようにしてあります。

●1960-Cゲインブロック10個使用(各CH及びサムアンプ)

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

価格 \400,000~(スタンダード仕様)⇒SOLD

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

Oldline_lab_logo_stamp お気軽にお問合せください。 analogmode21@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月11日 (木)

特注の部屋(27)A級・2way可変ゲイン・ラインアンプ

Photo_2

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

  1960ゲインブロック は1960-D及びFを搭載/各アンプの入出力切り替えSW/各アンプともCH毎のゲイン調整付き/ I/Oともアンバランス

価格

◆(ゲインブロックは1960-C仕様)

 120,000円 (1960-C/スタンダード仕様)⇒SOLD

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

◆電子商店「アナログ式」では、
クレジットカード決済が可能になりました(1万円以上のご注文から)

◆電子商店 http://analogmode.thebase.in/

Oldline_lab_logo_stamp お気軽にお問合せください。 analogmode21@gmail.com

アナログ&ハンドメイド音響機器

| | コメント (0)

2010年11月 2日 (火)

特注の部屋(26)A級 2CHマイクプリ(OLD BOY ver.1) 2台限定

Oldboy_ver1_2ch_2

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

◆製品については当ブログをご覧ください。

◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

  OLD BOY ver1.をベースにした特別仕様の2CHマイクプリです。高井シン氏のフリードレーベルからの依頼で製作しました。

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

■仕様■
OLD BOY初期の作りのver1(1960-F搭載)
出力VOL、パーツ等仕様変更有。
音質切り替えはAがハイファイ、Bがファットなサウンド。
※スイッチの位置を従来の仕様から変更しています。

2Uラックマウントケース/各CHにファントム電源付き/A/B音質切り替え/入力バランス(キャノン2HOT/出力アンバランス(フォンジャック)

価格 2台限定

◆(ゲインブロックは1960-C仕様)

 120,000円⇒SOLD

(1960-C仕様・スタンダード仕様) ◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

Oldline_lab_logo_stamp お気軽にお問合せください。 analogmode21@gmail.com

アナログ&ハンドメイド音響機器

| | コメント (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年2月 »