« レインボー喜寿 靉嘔(AY-O) | トップページ | 録音道場2009 第8回「音痩せしない!ミキシング~DAWの悩み」開催のお知らせ »

2009年2月 8日 (日)

特注の部屋⑬ A級 AG用プリアンプ+EQ

  Ag_2

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。 ◆製品については当ブログをご覧ください。 ◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

ゲインブロック・1960-Xタイプを使用し、2BAND/EQには1960-Cを搭載しました。EQのブースト/カットは、どちらも最初の半分位は微妙に、それ以降は大きく変化するようにしています。これは、音質コントロール時に微調整からスタート出来るように配慮したものです。EQは特注の部屋⑥のラインアンプに搭載したものと同じグレードになります。

 

■入力PADはピックアップから直の場合は必要ありませんが、PAD ONにすることでDAW等から録音した音源を入力しイコライジングすることが可能です。出力はキャノンとフォーンで出ていますので、録音時にはフォーン出力をモニター用として使えばDAWのレイテンシーを気にすることなく演奏に集中出来ます。ライブ時はPA卓送りの他に、アンプに送りモニター用としても重宝します。

◆(ゲインブロックは1960-C仕様)

価格 135,000円⇒94,500円

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

◆電子商店「アナログ式」  http://analogmode.thebase.in/

◆1Uラックケースではなく他のケースでも製作可能です。

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

  ※商品に関するお問い合わせは  analogmode21@gmail.com

 

アナログ&ハンドメイド音響機器 

 

Logo_2009_site

|

« レインボー喜寿 靉嘔(AY-O) | トップページ | 録音道場2009 第8回「音痩せしない!ミキシング~DAWの悩み」開催のお知らせ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。