« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月11日 (水)

録音道場2009 第8回「音痩せしない!ミキシング~DAWの悩み」開催のお知らせ

■録音道場2009  Vol.1「音痩せしない!ミキシング~DAWの悩み」開催■ 

今回で8回目となる「アナログ道場」実践編です。道場主から皆様へ、サウンドテクニック(主に録音&ミキシング)伝授の場にしたいと思います。昨今のDAWにも、実はアナログ的センスが欠かせません。逆に言えば、アナログの基本がわかれば、 ProToolsやその他のデジタル機器での制作の幅がぐんと広がります。もちろんOLD LINEユーザーの方に限らず、興味のある方はお気軽にご参加ください! スタジオの全面協力を頂いて、Pro Toolsはもちろん、プロ・オーディオ機材に実際に触れながら、少人数制で行います。

------------------------------------

■内容■DAW等で制作した音がどうにも薄っぺらい、出したい音が前に出ない、全体的にすっきりしない・・など、普段の創作での悩み、ギモンや不安に思っていることはありませんか?  ちょっとしたコツを知ることで、音がぐんと前に出て存在感がアップします。

●今回はご自分のオーディオファイルをお持ちください(お一人様 5分以内) pro toolsのセッションにインポートして、 「どうしてもこういう音にならない」等の悩みを解決しながら、 イメージ通りのサウンドを創っていくためのノウハウを伝授します。 同時にアナログ・アウトボード(EQ,COMP等)も使います。

サイト詳細→

●機材メンテナンス、録音のアドバイス、ご相談などもお受けいたします。

■日時■ 2009年3月7日(土)  13時~16時まで

■場所■ Studio Move 705 (東京都・中野) TEL & FAX 03-3380-2414   

■参加費■ 10,000円(スタジオ使用料含む)

■定員■  締め切りました

■予約方法■予約メールはこちらから ⇒ (※住所とお名前・ご連絡先・参加人数を明記してください)          

※ご予約メールを頂いた方には折り返し、参加費お振込み先等をご連絡いたします。お振込み確認後、予約完了通知メールを送信いたします。                         

※ 個人情報はご予約以外には使用いたしません。

■締め切り■ 定員になりしだい締め切らせて頂きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

特注の部屋⑬ A級 AG用プリアンプ+EQ

  Ag_2

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。 ◆製品については当ブログをご覧ください。 ◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

ゲインブロック・1960-Xタイプを使用し、2BAND/EQには1960-Cを搭載しました。EQのブースト/カットは、どちらも最初の半分位は微妙に、それ以降は大きく変化するようにしています。これは、音質コントロール時に微調整からスタート出来るように配慮したものです。EQは特注の部屋⑥のラインアンプに搭載したものと同じグレードになります。

 

■入力PADはピックアップから直の場合は必要ありませんが、PAD ONにすることでDAW等から録音した音源を入力しイコライジングすることが可能です。出力はキャノンとフォーンで出ていますので、録音時にはフォーン出力をモニター用として使えばDAWのレイテンシーを気にすることなく演奏に集中出来ます。ライブ時はPA卓送りの他に、アンプに送りモニター用としても重宝します。

◆(ゲインブロックは1960-C仕様)

価格 135,000円⇒94,500円

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

◆電子商店「アナログ式」  http://analogmode.thebase.in/

◆1Uラックケースではなく他のケースでも製作可能です。

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

  ※商品に関するお問い合わせは  analogmode21@gmail.com

 

アナログ&ハンドメイド音響機器 

 

Logo_2009_site

| | コメント (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »