« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月 4日 (金)

「録音道場  初心者編」トラブル解決力をつけよう! ②

■では、今回から具体的に例を挙げながら「トラブル解決法」を解説していきたいと思います。

<トラブル1> 音が来ない!

■これは、初心者に限らず多くの方が経験している典型的なトラブルです。■音録り(レコーディング)のために、マイクや機材のセッティングをして、各楽器のサウンドチェックを始める。さあ録るぞ!と気合を入れたそばから、躓いたことはありませんか?あるチャンネルの楽器の音が来ないモニタスピーカーやヘッドフォンに全く音が来ない、という経験はよくあること。この原因はいくつか考えられるのですが、「基本」が頭にあるだけで、極力トラブルを避けていくことは可能だと思います。もちろん、アナログ/デジタルに関係なく、基本中の基本の話です。

解決のツボ■録音システムの「信号の流れ」を理解する。

■これはトラブル解決に非常に役に立ちます。機材のセッティングを見たら、頭の中にシステム図が浮かぶくらいになるのが理想ですが、それはまあ経験を積めば出来るようになります。要するに、普段から意識しているかいないか、の違いで大きく差が出てくるのです。

○基本的な信号の流れ○マルチレコーディングシステムの場合

○マイクロフォン→マイクケーブル→パッチベイ→卓orマイクプリ→MTR→卓(モニターセクション)→パワーアンプ→モニタースピーカー

各機器を接続するケーブルはマイクケーブルのみを記し、他のケーブルは省略しています。これがアナログ時代からのマルチレコーディングシステムの基本形であるが、卓が存在しない場合はマイクプリ→MTR/DAWインターフェースとなります。

■これで解決!■では、実際に以下のチェックをしていきましょう(イメージとしては、電車の車掌さんが指差し確認するように!)。今回はマイクとケーブル等、機材には問題がないことが前提です。

○まずやる!○

※単純なことですが、すべての機材の電源が入っているか、フェーダーが上がっているかを最初にチェックしましょう!

■マルチレコーディングの信号の流れに沿って■

①卓のHA(ヘッドアンプ)やマイクプリに信号(音)が来ているか。

※入力レベルメータかピークインジケータが振れているかどうか。振れていない場合は機材故障の可能性があるので、他のCHのHAに変えるか違うマイクプリに差し替えてみる。今回は故障がないのが前提なので、触れているはずです。

②ファントム電源のON/OFF

※ファントム専用のコンデンサーマイクやDIでは、電源に入れ忘れに注意する。電源が入っていない場合は、よくあるもの(特に初心者)。

③MTR/DAWのトラックのメータやインジケータは振れているか。

④モニターフェーダーは上がっているか。

※これもよくある単純なミス。

======たいがいは、ここまでで解決する場合が多い。=========

⑤パッチミスはないか?

これもよくあるミス。宅録の場合、パッチベイ(※マイク回線や機材の入出力が立ち上がっている場所)がない場合も多いが、各機材の接続が正しく行われているかどうかをチェックすることは大切。

⑥卓からMTRへ正しくルーティングして(送って)いるか?

※違うトラックへルーティングしているかルーテイングし忘れの可能性があります。

⑦卓の2MIXのメーターが振れているか?

※ここからモニーターアンプにいく音の最終出口です。ここが振れていない場合は、マスターフェーダーが上がっていない場合があります。

⑧マスターフェーダーは上がっているか?

※究極の単純ミスですが、意外とよくあります。

⑨パワーアンプの電源は入っているか?

※2MIXのメータは振れているのに音が出ない場合に考えられる原因のひとつです。

⑩卓のボリューム(CR)が上がっているか?

=============================

■もちろんこの他にもチェック箇所はありますが、先ずこれをやることで、音の来ない原因が見えてくる場合が多いです。トラブルが起きた場合、原因を掴まないことには先に進めません。これがプロの現場では、直ぐに解決できない場合には、他のCHモジュールに代えるなど、とにかく仕事を直ぐに再開することを最優先に動きます(原因究明やメンテ等は仕事が終わり、スタジオが空いてからやる)。けれども現場仕事ではない場合は是非、原因追求のために「時間をかけて」考えてみることをして頂きたい。それが後々、いろいろな場面で役に立ってくるからです。

(C)2008 OLD LINE 今井年春  本文の無断転載を禁止します。

| | コメント (0)

第六回録音道場 「コンプの基本 ふたたび」開催!

Oldline_rogo_2007211 ■年明けに第六回録音道場を開催いたします。内容はメールでのお問い合わせも多い「コンプの基本」。スタジオで数種類のコンプを使いながら、コンプのいろはを伝授します。もちろんコンプに触ったことのない方でも安心してご参加ください。初心者大歓迎です。

■開催日時 2008年1月26日(土) 13時~

■参加費  10,000円(定員5名・先着順) ※スタジオ代含む

○教材の音源ファイルはこちらで用意いたします。別途カウンセリング用音源(CD)をご持参頂いても可。

■場所   Studeio MOVE 705 (中野)

■お申し込み・お問い合わせは OLD LINEサイト内・特設ページから→

| | コメント (0)

2008年1月 1日 (火)

謹賀新年

Oldline_rogo_2007211_2 ■信頼の耳と手が生み出す、アナログ&ハンドメイド音響機器■

                                今年も何卒よろしくお願いいたします。

                                             

OLD LINE 今井年春 

2008.1.1                                                     

                                                          

===========================

| | コメント (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »