« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月17日 (月)

「録音道場  初心者編」トラブル解決力をつけよう! ①はじめに

Oldline_rogo_2007211 ■今年から始めた録音道場もすでに五回を終えました。プロスタジオを使っての実践は、コンソールに初めて触る「宅録派」の方たちにも好評でした。おそらくPC画面とマウスを使っての作業とは違い、自分の体を使ってフェーダーを上げ下げするミキシングの回やコンプやEQといったアウトボードを操作する回では、五感を使う面白さ、そして確かな充実感を味わって頂けたからでしょう。■始めは手探りの部分もありましたが、年末のこの忙しい時点でひとつの方向性が見えてしまったので、来年からはこのアナログ道場とスタジオ実践とを並行して展開していきたいと思います。内容については基本的に初心者向きですが、もちろん初心に戻りたい方も大歓迎!現場でよくあるトラブル(人間関係は除く)の解決方法を、実際に例を挙げながらご紹介していきます。この「トラブル解決力」こそ、エンジニアの力量のひとつ。■今後は実践道場と関連したものから、この場所だけの内容などを予定しています。どうぞお楽しみに。

■まず、この講座を始める前に知人のPA(音響エンジニア)が話していた印象的なエピソードをひとつ。

■PAや録音を行うには、当たり前ですが大なり小なりシステムが必要です。例えばどんな機器が思い浮かぶでしょうか?電源、卓、マイクロフォン、各種ケーブル、パワーアンプ、コンプやリバーブ、EQといったアウトボードの周辺機器、スピーカーシステム、パソコン、インターフェース・・・ざっと思い浮かべただけでもけっこうありますね。現場で音を出すというのは、これらの機器がすべて正常に動き、それを正しく使えていた時だけです。まずそのことを頭に入れておいてください。■さて、話を戻します。そのエピソードとは、ベテランPAエンジニアがある現場にマイクプリ(正常に動く)を持って行った時の話。しかし、そのマイクプリをつないだら現場では音が出なかったのです。その時、そばにいた新人PAエンンジニアの発言が以下の通り。

「あっ、このマイクプリ壊れてますね、、、他の機器は大丈夫ですから」

けれども、前述したようにマイクプリは壊れていないのです。さて、音が出ない原因は何だったと思いますか?

原因は、そのマイクプリをつないでいたケーブルの接触不良でした。もちろんトラブルには、さまざまなケースがあるので、これはあくまで「今回の原因は」という話。ここで覚えておいて頂きたいのは、現場にトラブルはつきものそして原因を探る方法はひとつではないということです。もちろん機材の故障が原因ではない場合も多々あります。

■その話をしてくれたPAエンジニアがぼやきました。「最近の新人は、機材をろくにチェックもせず、つないでいるケーブルやコネクタの接触不良等、他の要因を考えることもなく「機材が壊れているから音が出ない」と即断するケースが多い。これはPAや録音の仕事に携わる者として、余りにも浅はかで恥ずかしいことだ」と。もちろん私も同意見です。経験でしか得られないものも多いですが、さっきまで正常に動いていた機器でも現時点ではどうなのか、という疑いの目を持つことは大事なこと。たとえばこの例のように、故障以外の原因を検証する力、そしてその原因を解決していく方法を知っていることがエンジニアには必用です。

■「知識と経験」。経験は場数を踏むしか方法がないので、皆さんに勝手にがんばって頂くこととして、この道場ではよくあるトラブルが起きた時に「知っててよかった!」と思って頂ける知識を、少しでも伝授できればと思っています。どうぞよろしく。

(C)2007 OLD LINE 今井年春  本文の無断転載を禁止します。

| | コメント (2)

2007年12月 7日 (金)

特注の部屋② A級 「OPTLIM 特別仕様」

Eustachio_optlim_2007_8111_3_2

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。 ◆製品については当ブログをご覧ください。 ◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

OPTLIM 2CH電球式コンプリミ

■スタンダー2CHモデルのOPTLIMは「LED/電球式」各2個のフォトカプラーを切り替えて使用できるタイプ。しかしこの特注モデルは、LEDフォトカプラーを使用せず4個の電球式フォトカプラー(スペア回路を含む)を搭載したタイプである。これは発注された方のご希望。

 

■数種類あるモリリカ製のフォトセル/ランプ(日本製)は、非常にレアな製品である。会社は既になく、この先の入手は非常に困難である。不可能かもしれない。現在の当メーカー在庫も残すところ2CH仕様で3台分ほどである。

 

◆OPTLIMに使用しているフォトカプラは2種類。電球式がmoririca、LED式は浜ホトです。両方とも現在は生産されていません。
LED式と同様にモリリカの電球式(フォトセルランプ)も幾つか種類があり、在庫がありますが、初期のOPTLIMから一貫して同じ型番のモリリカを使ってきました。

このモリリカはあと少しで在庫終了となり、型番の違う(特性も異なります)モリリカを使用した製品へと移行します。満足できる製品にするためには試作と試聴を繰り返す必要があり、それなりの時間が掛かると思います(これはこれで楽しみな作業ですが)
上記のように、OPTLIMに使用している電球式フォトカプラは残りが少ないですので、製品価格を抑え、興味のある方に使って頂ければと思います。

■LEDフォトカプラーを使った当メーカー廉価版コンプ「RENEGADE-1」でも、充分にウォームで太く、コンプ臭さのない自然なサウンドになるのだが、この電球タイプのサウンドはLEDとは世界の違うウォームで太いサウンドを得ることが出来る。例えて言うと「石(LED)と球(電球)」なのだ。つまり、石が「トランジスタやICオペアンプで構成されたサウンド」で球が「真空管回路で構成された機器のサウンド」。これはもちろん良し悪しではなく、好みの違いである。どちらのOPTLIMも、唄や各楽器に単体でかけても、ミックス時のトータルコンプやマスタリングにおいても活躍することは間違いない。

●ただひとつ残念なのは電球式はモリリカの在庫がなくなり次第、生産は終了しなければならない。貴重な30台はこの先、誰の手に渡っていくのだろう。」

◆15周年記念・特別価格◆

◆(ゲインブロックは1960-C仕様)スタンダード仕様

価格 110,000円 →77,000円

バランスI/Oモデル
価格 178,000円⇒124,600円


◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

◆電子商店「アナログ式」  http://analogmode.thebase.in/

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

 機材に関するお問合せ analogmode迄 analogmode21@gmail.com

 

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »