« 「1980.12.31」 後編 | トップページ | 2006年を振り返る »

2006年11月23日 (木)

実践その2 リファレンス

Top_recorder ■間が空いてしまったが前回「五感を使う 実践その1」に続き、卓のメータシステムの最後に来る録音機アナログ&デジタルテープレコーダー、MTR、HDR等)のメータとの関係について書いてみたいと思う。タイトルにあるメータ関係以外のリファレンスについては、次回に書いてみようと思う(※リファレンスとは何かを判断したり評価するための基準のことである)。

「+4=0VU」という言葉をよく見かけるが、この+4というのは+4dBのこと、0VUはVUメータの針が0を指した状態(音量レベル即ち電圧)のことである。取説のスペックに書いてある基準入力レベルや基準出力レベルにも使っている。正しくはdBの後に+4dBuや+4dBm、+4dBv等、例えば0dBmは0.775Vとする等何を基準にしているかを記すのだが、現場においては通常「プラヨン(+4)」で通っているので、ここでも使わせて頂く。またここでは卓+録音機(アナログMTR)で構成されるシステムで考えてみたい。現在の録音システムでは、必ずしも卓が関与しているとは限らないし、録音媒体も様々だが、まずは大切な基本をおさえておこう。以下、録音機はアナログMTRとする。

■まず、卓と録音機のメータの関係は+4=0VUが基準である。簡単に言うと、卓の録音機への出力(グループバス出力)メータが、0VUの時に出力電圧は1.23V出ていて、この時に録音機のメータ(入力レベル)もOVUに振っていればよい。これで、例えば録音機がマシンルームに在りメータが見れない状況であっても、卓のメータ指示と同じレベルで録音されているということになり、なんら問題がないわけである。逆に言えば、卓と録音機のメータが違っているのは大問題なのだ。

■これはプロフェッショナルのスタジオでは、徹底して行われているのが普通だ。もう少し詳しくポイントを3つに分けて説明してみよう。

①卓及び録音機のVUメータの針がメカニカル的に正しい位置にされていること。

②卓のグループバス出力のメータが0VU指示の時、そのチャンネルモジュールのラインアンプ出力が1.23Vになるように調整してあること。つまり0VU指示の時、きっちりと1.23Vの出力電圧が出るようにメンテの折に調整するのである。

③録音機(アナログテープレコーダ、2トラ、4トラ、MTR)は+4=1.23Vの音楽信号が入った時に、メータ(入力レベル)がOVUを指示するように入力アンプが調整され、所定の基準録音レベル(320nwb/m等)で設定された通りに録音されなければならない。

■現在はテープでレコーディングする機会は稀だが、以下のことは知っていて損はない知識。

■テープレコダーのオーディオ調整では使うテープの種類に合った録音のバイアス、レベル、イコライザ調整及び再生のレベル、イコライザの調整、それと消去、録音、再生の各ヘッドのアジマス調整等が完璧におこなわれていること。更に言えばテレコはオーディオ回路だけはなくメカニカルな走行系という部分があるので、テープテンション等色々と調整が必要なのである。

■現在はDAWが録音システムの主流となっている。これはMIX画面とEDIT画面を持つDAWでもロケータ、パンチイン、パンチアウトの機能しか使わなければ、デジタルのMTRとして使うことも出来るということだ。ここでDAW両画面のメータを見てみると、何の目盛りも振られていないことがわかる。信号がそのトラックに来ているかどうか、レッドゾーンへ入ってCLIPが付かないかどうかを知るための単なるインジケータとなっているのだ。

■例えば私はDAWで録音する場合、トラックのメータがここまで振れば大体+4だということを知っているので問題はない。つまり録音機(ここではDAW)のメータがVUメータでなくても、卓やHAの出力とDAWのメータとの関係を知っていればこと足りるということだ。

■アナログは勿論、DAWでも録音レベルによって音質が変わる。なぜかは、また別の機会にして、DAWの場合、CLIP(レッドゾーン)ギリギリで全ての音を入れれば良いのかどうかを、自分が扱う音楽や音源によって試してみる必要があると思う。

=================================

音響工房アナログ式  http://analogmode.jimdo.com

|

« 「1980.12.31」 後編 | トップページ | 2006年を振り返る »