2017年8月11日 (金)

◆「ラインアンプについて」◆再掲載◆

◆2009年1月の記事ですが、ラインアンプについてのお問合せが多く、再掲載しました。

■今回は「アナログ式」の主力製品であるラインアンプ(ラインプリ)についてご説明します。現在、ラインアンプはDELTA、OLD LINE LABO(eustachio)、IMAI式、3ブランドで展開しています。それぞれについては該当記事をご覧ください。

■先ず基本として「ラインアンプ」とは、ミキシングコンソール等の各回路の出力部にあり、バッファー(緩衝増幅器)としての役割や、位相を反転して入力信号と同相の信号を出力したり、出力レベル調整を行うアンプのこと。バッファーアンプの説明は長くなりますので、またの機会ということに。(※初心者の方は不定期開催の録音道場へも是非ご参加ください)。

■本来、単体で販売するようなアンプではありませんが、周辺機器として積極的に使えないだろうか?と考案したのが、Old Lineのラインアンプ/ラインバッファーです。オリジナルAPIコンソールとAMPEXやSTUDERのテレコを導入したアナログスタジオを20年続けてきた中で、真空管式のラインアンプを自分用に制作して使っていました。これがなかなか活躍したので、いつか製品化してみようという想いがありました。そして、オリジナルのゲインブロック(ディスクリート・オペアンプ)が完成したことをきっかけに、それを使ったラインアンプの製品化が実現したのです。

■アナログ音源には勿論のこと、DAW主体の制作に於いても、アナログ感、艶、音の暖かさ、透明感、生き生きとした躍動感等を引き出す」ことが可能です。勿論、音源のクォリティを損なうことはありません。

むしろデジタル主流の制作現場でこそ、必用とされる機材ではないでしょうか。もちろんレコーディングやPA等の現場だけでなく、家庭や店でのオーディオ再生に於いても同様の効果を発揮します。例えばアナログLPをCDに焼く時に、プリアンプの後に入れたり、CDプレーヤーの後に接続しプリアンプとして使用しても良いですね。ラインアンプを通すだけでアナログ感を取り入れられるのだから、なかなか便利な機材です。

■オーディオ再生に使用する場合はパワーアンプの前に入れてプリアンプとして使います。つまりCDPやフォノEQ、テープレコーダー、ipod等をラインアンプへ入力するのです。(ラインレベル専用のプリアンプ(前段のアンプ)つまりフォノ入力はない訳です。ラインコントロールアンプと呼んでもよいのです。

■現在、受注製作しているオリジナル・ラインアンプは、独自のハンドメイド・ディスクリート増幅素子であるゲインブロックを使用した、オールディスクリート構成です。同じくオリジナルのゲインブロックは8種類のキャラクターがあり、それを交換することでラインアンプ自体のサウンドキャラクターを変えて使うことも出来ます。ゲインブロックのキャラクターについては1960ゲインブロックの記事を参照して下さい。(※ゲインブロックは2009年さらに進化しました)。

■レコーディングでの使い方は、音源をトラックへ取り込む時には「音源出力→ラインアンプ→ラインアンプ出力→インターフェース」という流れが一般的です。またトラックをまとめてサブミックスのトラックを作る場合は、「インターフェース出力→ラインアンプ→ラインアンプ出力→インターフェース」と戻し、サブミックス用のトラックへ録音します。また、ミックス時やマスタリングの時にトータルコンプを入れて仕上げることはよく行われていますが、是非ラインアンプでも試してみて欲しいと思います。さらにマスタリングでも、音が断然違ってきます。

■あらゆる場面で、オールラウンドに活躍するラインアンプ。是非、アナログの醍醐味を味わって頂きたいと思います。

◆オンラインショップ http://analogmode.thebase.in/

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

◆仕様変更オプションは各仕様変更とも30%offになります。

◆製品については当ブログをご覧ください。

◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

「アナログ式」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

◆15周年記念「IMAI式ラインアンプ」受注開始のお知らせ◆

Img_20170113_093709_100

15周年記念 特注「IMAI式ラインアンプ」

現在、「アナログ式」ではラインアンプとしてold line labo
とDelta、二つのブランドで展開しています。

この二つのラインアンプとは異なる基本回路及び構成を持つ「今井式ラインアンプ」
ディスクリート多段構成のラインアンプ。

◆パーツ及び作りのグレードは2種。
    ①Delta ver.2仕様
   ②Eustachio ver.1仕様

写真はDeltaラインアンプですが、外観の製作例として載せています。

2chの場合、基本がステレオ仕様、デュアルモノ仕様は価格は変わります。

回路構成を変えたラインアンプは、5年前からテストベンチで試作しており、
それが音にどう反映するのかといいますと、音の押出し力、演奏の躍動感の表現を最優先したラインアンプになります。
勿論、音の艶、透明感を損なうことはありません。

例えば、レコーディング用のコンソール卓でお話すると、卓のプリ部だけで録った音と、卓全体の回路を通して録るのでは、
好き嫌いは別にして、だいぶ違ったものになります。
私は、ケースバイケースで使い分けていました。
これと、同様の違いと言えば分かり易いかも知れません。

アンプが多段になることによる効果があり、違いなのです。

◆8/11~8/20迄、表示価格の20%OFF◆

◆Delta(ver.2)仕様
Aタイプ 300,000円(2段)→240,000円
Bタイプ 450,000円(3段)→360,000円
Cタイプ 600,000円(4段)→480,000円
Dタイプ 800,000円(5段)→640,000円

各タイプ年間限定1台の製作になります。

◆Eustachio仕様
Aタイプ 150,000円 (2段)→120,000円
Bタイプ 220,000円 (3段)→176,000円
Cタイプ 330,000円 (4段)→264,000円
Dタイプ 480,000円 (5段)→384,000円 

各タイプ年間限定1台。Delta仕様はver.2と同等。ver.1仕様については、お問い合せ下さい。

◆I/O アンバランス

基本仕様はラインアンプのみですが、
3タイプともパッシブEQ付きでも製作出来ます。
パーツグレード、作り等を調整することで同価格で製作可。
パッシブEQのグレードは各タイプで異なります。

(ステレオ仕様→デュアルモノの場合も同様の調整をすることで追金なしでの製作も可)

ラインアンプのパーツグレードや作りの調整をせずに、パッシブEQを追加する場合は、イコライザのグレードにより追金が発生します。

勿論、ゲインブロックも特注仕様の1960-LIM

製作を依頼される方の、サウンド面でのご希望を実現します。

◆納期はタイプ、仕様等によって変わりますので、お問合せ下さい。

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

http://analogmode.thebase.in/

「IMAI式ラインアンプ」について、お問い合せはメールで。

analogsiki@gmail.com

Deltalaok1

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

◆ mini peq ◆ パッシブEQ◆ 15周年記念・宣伝価格

DUAL MONOPhoto Mini_peq_rca STEREO仕様Photo_3PhotoPeqws小型2chパッシブEQ「mini peq」

2ch仕様で可能な限りミニに仕上げました。

ナチュラルで直感的なコントロールが出来るパッシブイコライザ
録音、PA、マスタリング、楽器に。オーディオ再生、ハイレゾオーディオの再生補正にも。

モノ音源の場合は2段で使うと、より多様なコントロールが出来ます。

◆I/Oに差動回路(ゲインブロックによるディスクリート構成)を追加した、
 バランス入出力仕様も可能(別筐体になります)

2ch仕様
I/Oはフォンジャック又はRCAピンジャック
バイパスSW付
サイズ W170 H30 D110mm

ケース色はブラックとアルミシルバーがあります。

価格 ◆mini peqは15周年記念・宣伝価格◆

◆DUAL MONO仕様(5ポイントロータリSW切替)
28,000円⇒16,000円(off価格で表示しています)

STEREO仕様(ステレオ同時コントロール)サイズW150 H40 D95mm
(6ポイントロータリSW切替でDUAL MONOより更に細かな調整が可能)
35,000円⇒24,500円
Peqok

 
より多くの人にパッシブEQの良さ、面白さを知って頂ければと思っています。

納期 約 10日(製作状況により変動しますので予めご了承下さい)

◆、ステレオ仕様は25日程になります。

◆現在、old line laboは音楽制作用機器ブランド、Deltaはオーディオ再生用機器ブランドとなっています。

◆電子商店「アナログ式」オンラインショップ

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

http://analogmode.thebase.in/

お問合せはメールで

analogmode21@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

◆15周年記念・特別価格◆

2waylapeq

◆お知らせ◆15周年特別価格◆2017/4/14~◆
◆OLD LINE LABO製品を20%~30%OFF◆
  (DELTAラインアンプ、ゲインブロックを除く)
◆復活・Eustachioラインアンプtake1&take2は15%off◆
◆mini peqは特別off価格で表示しています。
◆DELTAパッシブEQは10%off
◆mini peqを除き、各1台限定での特別価格になります。

◆ショップもOFF価格で表示中
 
◆仕様変更オプションは40%OFF◆
カテゴリ「仕様変更について」のページをご覧ください。

◆お支払方法の選択が可能です◆

 

①銀行振込み ②クレジットカード決済(ONLINE SHOPはカードのみ)

※まずはお気軽にお問合せください(お見積りは無料です)。

◆お問合せ◆ analogmode21@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

◆お客様の声◆DELTA ◆THE LINE AMP/3BAND EQ/LEVERING AMP◆

LinecompActive_eq

15周年・特別サイト内のブログ「この1台」 にUPした、「DELTA 3兄弟」
以下、「お客様の声」です。
■「「入口からSPまでのルート上に一つ機器が増えたわけですが、鮮度、スピード、S/Nが劣化するようなことはなく、2タイプのアンプの描き方も、こちらが思っていた通りに仕上がっています。」

EQをいじり始めてみました。
パッシブは手強そうなのでまずはアクティブからのスタートです。
ステレオよりもモノの方が分かりやすいだろうと考えてモノラル再生系に組み込みました。
写真下段の機器は左下がフィルードスピーカーの電源、左上が米国音盤再生用のフォノプリ、
真ん中の2台が欧州音盤再生用のフォノとプリとその電源、右がターンテーブル用の電源となっています。
上手い具合にラック上段にEQが収まり専用コンソールの様な雰囲気でいい感じです。
EQのそれぞれのチャンネルに先述した2系統のフォノ出力を繋いでいます。
モノラル専用にスピーカーが4台あるのでそれを音盤の種類により繋ぎ変え、且つフォノイコも切り替えて
音盤の周波数カーブを最適値に合わせた上でスピーカーの特性をEQで最終調整するというかっこうで聴いています。
1台のEQで2台のフォノイコを使い分けできるのでとても便利です。
デュアル・モノ仕様にした恩恵がこの様なところにあったとは想定外でした。

EQとコンプをいろいろといじっています。
まだまだ手探り状態なので機器に関してあれやこれやと感想めいたものを述べるまでには至っておりませんが、
一言いえますのはピュアオーディオに於いてもEQやコンプの導入は大いに「アリ」だということでしょうか。
部屋や機器の状況、音源自体の状態、リスナーの嗜好…etc これらのパラメータの組み合わせを積極的に制御
するということはオーディオを通して音楽を聴く上で重要なのだなと改めて感じております。

◆M.K様 ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

◆サイトを更新しました◆

◆サイトを更新しました。

◆15周年特別価格など、順次公開します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

◆早いもので、「アナログ式」は15周年を迎えます◆

15

アナログ音響機器、その音の素晴らしさを伝え残したいと立ち上げた特注ハンドメイド音響機器工房「アナログ式(旧 OLD LINE LABO)」はお陰様で2017年6月に設立15周年を迎えます。


音響機器をめぐる世界は、この15年で’激変’しました。デジタルかアナログか、という二項対立ではなく、今ではどちらの良さも理解された上で「あえてのアナログ」を選ばれるお客様によって工房は支えられています。この15年、第一線で活躍されるプロの音楽家や放送局、スタジオ等からオーディオ愛好家の皆さま、さまざまな方にアナログ機器をお届けしました。


この特設ページでは、15年間の仕事の中から特にご紹介したい製品をピックアップしながら、15周年記念モデルやOLD LINE LABOブランド製品の、

特別価格(DELTAブランドを除く)等を2018年3月までの1年間限定で、展開していきたいと思います。

今後とも「アナログ式」をどうぞよろしくお願いいたします。        

 

 

2017年4月11日 主宰:今井年春

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

◆復活◆Eustachio A級ラインアンプ take 1 /take2

Image

Eustachio(エウスタキオ)この名前は16世紀イタリアの解剖学者が発見した、
エウスタキオ管に由来しています。

鼓膜の内と外の気圧を調整する役目を持っており、耳管とも云います。

Eustachioは音響機器として音楽と人間との間に位置し、調和の取れた音場空間を創るために生まれました。

 初期old line laboの頃から好評を頂いたラインアンプです。

オーディオ再生、音源製作でのミックスやマスタリングに充分なパフォーマンスを発揮。

●オーディオ再生や音源の取り込みの際やMIXに使用し、抜けを失わずにアナログの暖かさ、艶、芯のある存在感を付加します。

●オーディオ再生の場合はCDP→ラインアンプ→パワーアンプ。
  又は、フォノEQ→ラインアンプになります。

●Old Line独自のAクラス増幅素子1960-Cゲインブロックによるディスクリート回路。
●スタンダードでゲイン1ですが、
 可変ゲインアンプへの仕様変更も可能です(プラス30,000円)
●出力ボリューム付

◆15周年記念・特別価格◆

価格 take1 80,000円⇒68,000円
         take2 50,000円⇒42,500円

●写真は2Uラックケース(約W480 H90 D200mm)
  (フロントパネルはブラックorアルミシルバー)
●小型ケース(W300 H70 D180mm)での製作も可能です(価格は同じです)
●更にコンパクトな(W190 H90 D150)タイプも可能(2連VOLになります)

●入力バランス(TRSフォーンジャック)出力アンバランス(2Pフォーンジャック)
●オーディオ用にRCAコネクタでも可

●納期 Take1は約45日 take2は約30日/製品は全て受注製作です。
(仕様や、受注状況により変わります。お問い合わせください)

◆スタンダード仕様について◆
プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。
これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。
スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。
また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

◆◆ラインアンプ、コンプ、マイクプリ、ミックスバッファ等の仕様変更や詳細については、以下をご覧ください。

●◆仕様変更の追加価格/表示価格の40%OFF/15周年特別価格

① 大容量トランス及び強力電源回路仕様 \12,000
② 他のゲインブロックへ変更(2chでの価格)1960-B  \5,000

                           1960-F  \5,000
                           1960-D \8,000
                                                          1960-P  \5,000
                                                          1960-R  \12,500
                                                          1960-LIM  \42,500

③ 出力をバランス仕様 \50,000 (2chでの価格)
④ 70年代BELDEN/7本撚りワイヤーを適所に使用(数量限定) \2,000(2chでの価格)
⑤ A/B音質切替切り替え \10,000(2chでの価格)
⑥ コンデンサにスプラグ、フィリップス、抵抗にA/B等、
  WEの線材を適所に使用 \5,000(2chでの価格)
⑦入力をバランス仕様 \30,000(2chでの価格)
⑧ヴィンテージMPコンデンサを出力に使用(限定品)\4,000(2chでの価格)
⑨ハンドル(フロントパネル)\1,000

●トーンコントロール追加/100Hz&10khZ \60,000
1960ゲインブロック4個使用ディスクリートEQ(シェルビング)
トーンコンはバイパスSWでハードワイヤバイパス出来ますので、
OFFにすれば信号は全くトーン回路を通りません。

●パッシブイコライザ追加も可能です\30,000
極めてナチュラルで、自由に、広範囲にサウンドをコントロール可能

◆電子商店「アナログ式」  http://analogmode.thebase.in/

◆お支払方法の選択が可能です◆

 

①銀行振込み ②クレジットカード決済(ONLINE SHOPはカードのみ)

※まずはお気軽にお問合せください(お見積りは無料です)。

◆お問合せ analogmode21@gmail.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

特注の部屋(69)光学式コンプ・メカニカルリンク仕様

Photo_3

Photo_4
先日発送した光学式コンプ
ゲイン切替SW(通常のゲインから2倍にアップ)
バイパスSW
DUAL MONO/STEREO LINK 切替SW
I/Oバランス仕様
録音やDJに使われるとのこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

◆DELTA発送完了◆特注の部屋(66)(67)(68)◆

Delta3okDelta

◆届いた日に頂いた、お客様の第一声(先ずはラインアンプ部のみを聴かれています)

「入口からSPまでのルート上に一つ機器が増えたわけですが、鮮度、スピード、S/Nが劣化するようなことはなく、2タイプのアンプの描き方も、こちらが思っていた通りに仕上がっています。」
113日に発送完了したDelta
ラインアンプ、3BAND EQ、レベリングアンプ、3台ともオーディオ用(アナログレコードのみ)
2ch/Dual・ディスクリート構成
前にも書きましたが、
それぞれに個性のあるディスクリート部品(トランジスタ、抵抗、コンデンサ等)や、
VR、コネクタ、線材等は粗悪品を除き悪い物はありません。
特性や精度、耐久性、サイズ以外は
単純に言って音が異なるだけです。

例えば、自分ではコンデンサしか交換出来ないとします、その場合はコンデンサを替えながら、
求めるサウンドになる物を選んで使えば良いのですが、
全ての部品、部材を替えることが可能な場合(一から機材を作る場合も同じ)は、
一つの部品を替えるのでもオーバーオールに聴き、感じながら、作って行くことが必要です。
闇雲に替えるのではなく、今迄の経験と直感から、
こうなるだろうとの予測を基に差し替えていくのです。
細部も大事ですが全体的にどう持っていくかが、より大切です。
これは、一つの機材だけでなく、システム全体についてや、音楽のミックスでも同じですね。
そうやって、時間を掛け目指すサウンドを、機材を造って行くのです。
これは特注ディスクリートオペアンプの1960-LIMにも同じことが云えます。

各アンプにどの様な部品、部材を使い、回路構成をどうするかは、
打合せを重ねた時点で大方浮かび上がるのですが、
試聴と製作を繰り返すうちに大幅に変更する時もあります。
大体出来上がって来た時点で、更に全体的に聴き込みながら調整します。
調整ポイントは予めパーツを交換し易いように実装。

ディスクリート部品の大半がNOSで、SIEMENS/MKT&ケミコン、
WESTCAPPHILIPSERO/MKTRIFASPRAGUEWIMA、某銀タンタル、
ニッケミMPコン、某ペーパーコン、某銅箔スチコン、
A/B(AllenBradlay)OHMITESTACKPOLE、ブリティッシュカーボン等を使い、
現行品はKOA/金皮、タクマン、某巻線抵抗を。
全て測定選別したものを使います。

POTもメーカーや種類によって音が異るため、組合せています。
今回はラインアンプにA/BWE仕様、CTSロータリーはセイデン。
3BAND EQに東京コスモス。
レベリングアンプはCTSと東京コスモスを使っています。
線材はWEBELDENを数種類、国産はKHDSUMITOMO
 FUJIKURA、メッキ、非メッキを使い分けしています。
その他、細かい事は㊙
Deltaブランドの製品は、このようにして作っています。
お使いになる方は、
アナログレコード再生のみ、
フォノイコライザ&プリが東独RFZの録音用モジュールユニットを改造したもの等、
欧州盤、米国盤、それぞれの録音特性にマッチさせるため数台を使用。
パワーアンプ(Telefunken EC11球)
ターンテーブル、オラクル、ピエールクレマン
SPMENDE 励磁型(Feeld Coil型)及びSCHULZ 8インチ等、
ステレオとモノの2システムで聴かれています。

ところで、お気付きかとおもいますが、今回はレベリングアンプといものがあります。
オーディオ再生に於いてコンプは有りなのか…!
答えは「有り」です。(今迄に何人かいらっしゃいます)
つまり、その人にとって「有り」なら有りなのです。
オーディオ再生は、人それぞれに自分が良いと感じるやり方で行うものです。
勿論、全てのソースに掛けるのでなく、コンプを入れてみて、
いい感じだなぁ…」と思う曲があれば、そうやって聴けば良いのですね。
トータルコンプを再度行うという感じですが、
お話を頂いた時、形にとらわれず、可能性を追い求めることは「正にオーディオ道」
なのではないかな、と思ったのです。

かつての、FEN
プログラムを40cmアナログ盤にしたものを流していましたね。
当時としては放送出力が大きく、他の局よりも深く、いい感じでコンプレッションしてました…
放送では送信管保護のため、リミッターは不可欠ですが、
ここにも、センスが感じられましたね。
よく、聴いていました。
カントリータイムとサルサタイム、'60'70ロックタイム。
試聴に使った曲
Crazy Love/Jesse Ed Davis
Just Walk Away/Karla Bonoff
Golden State/Orleans
Follow Me Home/Dire Straits
Everydays/Buffalo Springfeeld
Three-Four/Moby Grape
Company/Rickie Lee Jones
Yellow Roses/Ry Cooder

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«◆3台のDelta、調整完了◆