往年のヴィンテージ機材の音と操作性を知り尽くした耳と手が作り出す

15周年も残り二カ月となりました。あらためて音響工房アナログ式サイトの冒頭分を転載いたします。ぜひ、サイトにもお出かけください。

 

Fb

音響工房アナログ式(旧OLD LINE)は、おかげさまで15周年を迎えました(2018年)。この工房では録音/音響エンジニア歴40年の今井年春が自身の仕事道具として開発したオリジナル回路IMAI式を軸に経験・知識・技術を注いだアナログ音響機材を製作し、プロ・アマ問わず幅広い用途でご愛用頂いております。
 国内で初めて単体製品化したラインアンプ、音の心臓部ゲインブロック、楽器感覚で使うユニークなイコライザを主力製品にブランドを展開し、入門機種から高級機種までお好みのサウンドやご予算に合わせたきめ細やかな受注制作・オーダーメイドが可能です。全身を耳にして機材に触れ、直感的かつ能動的に音・音楽の本質に出会うアナログ機器の醍醐味をお楽しみください。
 仕様変更やセミ・オーダーはONLINE SHOPとの組み合わせが便利です。気になる製品がございまいましたら、まずはお気軽にお問合せください(ご相談・お見積りは無料)。ご購入頂いたあともメンテナンスや改造等にも対応しております。アコースティック楽器のように末永くお使い頂けたら幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

◎15周年記念特別サイトこちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年6月16日 (日)

◆本日6/16~7/30迄、特別価格◆

◆本日6/16~7/30迄、一部の製品を除き20%~30%offで受注します。(台数限定)

 

◆仕様変更オプション、特注製作は20%off

 

◆通常はメールで発注の場合、10%offですが期間中は5%offになります。
◆お気軽にメールでお問合せ下さい。

 

 

| | コメント (0)

2018年11月 7日 (水)

ユニークEQ「DELTA BLUE」

Delta_2

 

 

Delta_6

 

 

 

自由度の高い直感的なイコライジング。電源要らずのユニークEQ「DELTA BLUE」は当ブログ・カテゴリ「特注の部屋」(36)をご覧下さい。

 

以下、最近のお客様からの声を紹介します。

 

「PEQのエージング順調に進んでいます、操作も非常に分かりやすく直ぐに慣れました、スイートスポットも2 、3見つけて、曲のジャンルによって使い分けています、微調整が出来て色々なパターンのサウンドが作れますね、イコライザーの効き方もガッツリ効きます!自分好みのサウンドに出来るのは楽しいですね!コンプレッサーを軽くかませて、楽しんでます、DELTA BOXとPEQ最強コンビですね!メインで使っいる真空管のシステムにも勝るとも劣らないアナログサウンドですね!いや勝っているかも!

 

日に日に音が良くなっている感じがします。

 

大満足です。」

 

 

M.M様 

 

 

「使用のスピーカーはタンノイとジェンセンなどですが、

 

PEQのおかげで、タンノイがJBLにもアルティックにも、

 

自由自在に変貌することができます!・・・・ってのは

 

半分冗談ですが、半分は本当です(爆)

 

要は、PEQ1台あれば、スピーカーやアンプやケーブル

 

のメーカーや型式がどうのこうのなんて、一切どうでも

 

よくなっちゃいますよ、ってことを声を大にして、皆さんに

 

申し上げたいと常々思っております。」

 

K.T様 

 

Dsrhl77uuaawemd

 

 

Dsrhpyouwaa0xyo

 

 

Dssowgbvsaahecx

 

 

Dsrqox5v4aaoc3g

 

 

| | トラックバック (0)

2018年10月10日 (水)

◆「ラインアンプについて」◆再掲載◆

◆2009年1月の記事ですが、ラインアンプについてのお問合せが多いため、現在のブログ「工房通信」の記事を転載いたします。

【ラインアンプの誕生】自身のスタジオ録音の仕事道具として開発したラインアンプを、2003年に国内で最初に単体製品化したのが音響工房アナログ式です。

 資料写真はAPIコンソールのラインアンプです(基盤全体をラインアンプと呼びます)。自身のスタジオにも76年製オリジナルAPIのコンソールを導入していました。今から見ればヴィンテージですが、スタジオ開設は約30年前なので当時はまだ現役のコンソールでした。アナログ機材にはハード・エンジニアも存在しますが、技術と知識があれば録音エンジニアが自分でメンテナンスすることも可能でした(それがアナログ機材の良さでもあります)。写真の通り、本来は単体で使用する機材ではありませんが、周辺機器としてもっと積極的に使えないだろうか?と考案したのが当工房のラインアンプ(初期OLDLINEシリーズ)です。実はAPIのコンソールに加え、AMPEXやSTUDERのテレコを導入したスタジオ録音の中で、最初に開発したのは真空管式ラインアンプでした。これがとても重宝したので、いつか製品化してみたいと思っていました。そこに同じくIMAI式ゲインブロック(ディスクリート・オペアンプ)のラインナップが揃い、15年間工房の主力製品として今日に至っています。

【そもそもラインアンプとは何か】まず基本として、前写真の通りミキシングコンソール等の各回路の出力部にあり、バッファアンプ(緩衝増幅器)としての役割や、位相を反転して入力信号と同相の信号を出力したり、出力レベル調整を行う機材をラインアンプと呼びます(バッファの説明は長くなりますので、またの機会ということに)。
 ラインアンプはアナログ音源はもちろんのこと、DAW主体の制作においても活躍します。システム全体の関係性を整えて世界観を「調和」させていく役割を、アナログ機材ならではの楽器のような操作性を楽しみながら実現できます。しかし世界観を固定するのではなく、もともとがお話ししたようにコンソール等の一部だったわけですから、音楽性やジャンルを問わず、さまざまなシーンで柔軟に対応できる機材です。もちろんレコーディングだけでなく、オーディオ再生、ミキシング、マスタリングなど幅広く使え、一台持っていると大変重宝します。
 サウンド・キャラクターは使用するゲインブロックによっても変化しますし好みにもよりますが(個人としてはヴィンテージ感のあるFタイプが好みです)、IMAI式のスタンダードはCタイプです(アルファベットは開発順ですが、廃盤もあるので現在はあくまでも型番です)。各サウンドキャラについてはゲインブロックのページをご覧ください。
 そしてこのゲインブロックとラインアンプ本体の回路の組み合わせによって、最終的に機材の個性が決まってきます。お客様の好みを最大限に実現した特注品の制作も可能です。これがDELTA「THE LINE AMP」です。

Photo_3
Photo_4

 次回はラインアンプの具体的な使用例をご紹介したいと思います。

◆オンラインショップ http://analogmode.thebase.in/

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、当ブランドではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

◆製品については当ブログ「特注の部屋」をご覧ください。

◆発注はご入金を確認後決定となり、製作スタートとなります。

音響工房アナログ式 http://analogmode.jimdo.com

Facebook専用ページ http://www.facebook.com/analogsiki

|

2018年9月25日 (火)

特注の部屋(71)2wayラインアンプ+パッシブEQ

LaPhoto_6

La_3

特注の部屋も(71)となったが、15年前OLD LINEというガレージメーカーを立ち上げた初期に、ラインアンプやコンプの特注製作が幾つかあった。色々あって当時の画像は存在しないので記事には上げていないが特注の実数は80近い。

さて、今回のラインアンプ+パッシブEQはオールブラックの筐体を使用している。
内側までもブラックだ。
というのは、長年使って来た秋葉原のO社が長い休暇を取り、連絡が取れず、
急遽、T社の筐体を使った。
O社のラックマウントケースも必要充分なパフォーマンスを持っており、
加工もし易く、海外のプロ用機器のスタンダード筐体と同レベルで丸みのある、
良い筐体だったのだが、手に入らないのでは仕方がない訳だ。

T社の筐体は贅沢過ぎる位に造りや塗装も良く、強度も高い。
当然、価格も倍以上違う。
O社が復帰するかは判らないが、今後はT社の筐体を使っていくことになるだろう。。

この2wayラインアンプ+パッシブEQのグレードは旧take2に多数の仕様変更を、
追加したもの。ゲインブロックはDとR。

非常に抜けの良いサウンドと野太くウォームなサウンドを切り替える事が出来、更にオリジナル回路のパッシブEQで、自由度の高い音場調整が可能。 楽器の様に使って頂ければと。

現在、take2は終了し、Basicモデルとなってお求め易くし、仕様変更をプラスしても、
リーズナブルである。

この記事を書いている今は、最終段階の調整中である。

●2wayラインアンプ+パッシブEQの詳細は、特注の部屋(51)をご覧ください。

Img_20180928_200314_935_2

| | トラックバック (0)

2018年6月25日 (月)

管球式プリ アンプ・ヘッドフォンアンプ・Eustachio TUBE LA/HPA

 Eustachio TUBE PRE/ HPA (真空管プリアンプ/ヘッドフォンアンプ)

 

Hpa_2

◆続報◆
 
Eustachio TUBE PRE/HPA take2 が、「管球王国」89号、実験工房の記事に使って頂くことになりました。
プリアンプとして使われるようです。「佐藤隆一氏×新忠篤氏による試聴対談」
佐藤氏の心意気に感じ入った次第です。詳しくは7/26発売の管球王国89号で。
果たしてどんな結果が出るのか、楽しみです。

管球式ヘッドフォンアンプ / Eustachio TUBE PRE/HPA

15周年記念の新製品です。「アナログ式」としてはめずらしいタイプではないかと思います。今回のコンセプトは「出来る限りコンパクトサイズで、妥協しないサウンドを実現すること」でした。最近の廉価版の外観も悪くはないですが、音響機器はやはり音を決める「箱の内部」が重要です。

廉価な量産モデルのプリントパターン+チップ部品とは一線を画し、手間はかかりますが音の「鮮度」や「存在感」等が格段に違ってきます。

【真空管】

12AU7を使用しています。

【コンパクトサイズ】 

 W150×H40×D100  

置き場所を選ばず、高品質アナログ音を気軽にお楽しみ頂けます。スマホにも使用可。

【プリアンプ/ラインアンプ】RCA出力付きですので、アクティブSP、パワーアンプ等へ接続しプリアンプ、ラインアンプとしてのご使用もお薦めします。

【真空管の魅力】

音、姿、灯りの魅力。ただ眺めているだけで、その世界に惹きこまれるような魅力や暖かみがあります。かつて、スタジオのレコーディング用に自作及びオールドの管球式機材を使用していました。真空管ならではの「エージング」の楽しみも味わって頂けます。

奥行きと立体感の在るサウンド。以下の2タイプがあり、真空管のノスタルジックな灯りも印象的な、耳と目で音世界を楽しめる製品です。

【スタンダード】※写真

ネットショップからもお求めいただけます(クレジットカード専用)

 

Hpa_6  Hpa_7 (take1 フロント|リア)

 

Hpa5222 take2Hpaハンドル付き

◆take2 (IMAI式) 2タイプのサウンドを切替えて聴くことが可能。⚫お薦めはBlue Noteモード。何故なら、このサウンドはEustachioでしか得る事が出来ないからです。

ワイドレンジで抜けが良いサウンドのHi-Fiモード、ややナローでダークなBlue Noteモード。
それぞれ好みがありますが、ソースや気分によって選ぶのも良いと思います。

◆take2 ハイグレード

全てのパーツ、線材を「アナログ式」が選んだハイグレードな物を使用し、時間を掛け、試聴しながら仕上げていきます。

スタンダードなtake1/take2も充分なサウンドクォリティを持っていますが、take2ハイグレードは、
艶、空間表現等、更に上をゆく音楽性を持っています。

【仕様】
●L/R 独立VOL  ●入力 RCAピンジャック

●出力 1/4inch標準フォンジャック+RCA 
 ジャックの耐久性、メンテを考慮し標準サイズを使用、miniジャックは変換プラグをお使い下さい。
●ACアダプタ付き  ●サイズ W150 H40 D100

●価格  ◆take1 45,000円 

  ◆take2  55,000円 

③DELTA仕様(ハイグレード)

◆DELTA 1

160,000円(税込)トランス式オリジナル電源(別筐体)

◆DELTA 2(ライン出力部に1960ゲインブロック使用し、ライン出力部は更に別電源)

280,000円(税込)トランス式オリジナル電源(別筐体)

◆DELTA 3(DELTA 2のライン出力部を2wayとした仕様)

400,000円(税込)トランス式オリジナル電源(別筐体)

●納期目安  30日(take1)  45日(take2)  ハイグレードは60日

◆お問合せ、ご注文はメールで⇒「アナログ式」

オンラインショップはクレジットカード決済のみです。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します。

 http://analogmode.thebase.in/

音響工房アナログ式 http://analogmode.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2018年5月31日 (木)

◆ パッシブEQ mini peq(Dual mono) take1 ◆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DUAL MONOPhoto Mini_peq_rca Photo_3Minipeq_take1

 

Minipeq_take2okMinipeqtake2siro_2

 

 

 

 

 

 

 

自然で自由度の高い音質調整、音場コントロールを可能にするパッシブEQ。電源の要らないパッシブ回路。オーディオのトーンコントロールとしても活躍します。

 

 

パッシブイコライザは線形回路ですからイコライズしても歪み等の音質劣化がなく非常に自然な音質調整、音場調整が可能です。

 

 

minipeqは「アナログ式」の製品中、唯一のエントリーモデル。 

 

 

 2ch仕様で可能な限りミニに仕上げました。

 

 (IMAI式)

 

 ナチュラルで直感的なコントロールが出来るパッシブイコライザ

 

録音、PA、マスタリング、楽器に。オーディオ再生、ハイレゾオーディオの再生補正にも。

 

 

 

モノ音源の場合は2段で使うと、より多様なコントロールが出来ます。

 

 

 

◆I/Oに差動回路(ゲインブロックによるディスクリート構成)を追加した、
 バランス入出力仕様も可能(別筐体になります)

 

 

2ch仕様
I/Oはフォンジャック又はRCAピンジャック
バイパスSW付
サイズ W170 H30 D110mm

 

ケース色はブラックとアルミシルバーがあります。

 

take128,000円

 お問合せ、ご注文はメールで。

 

  STEREO仕様(ステレオ同時コントロール)サイズW150 H40 D95mm

 

(6ポイントロータリSW切替でDUAL MONOより更に細かな調整が可能)
 38,000円

Peqok

 

より多くの人にパッシブEQの良さ、面白さを知って頂ければと思っています。

 

 納期 約 25日(製作状況により変動しますので予めご了承下さい)

 

 発送はクロネコ着払いとなります。

 

  ◆、ステレオ仕様は30日程になります。

 

 

◆この他にもパーツを厳選した上級機種「DELTA PEQ」、ハイエンド機種「DELTA VPEQ」がありますので、該当ページをご覧下さい。

 

お問合せ、ご注文はメールで⇒  mail

 

 

 

音響工房アナログ式 http://analogmode.jimdo.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

2018年1月31日 (水)

◆製作中のDELTA「THE LINE AMP」2way/ ver.1/パッシブEQ付

LaLa_2

製作中のDELTA「THE LINE AMP」 2way/ver.1/パッシブEQ付

今回のは、ゲインブロックも特注仕様の1960-LIM
ご希望のサウンドを実現するために全てが特注仕様である。
(写真ではゲインブロックを載せていません)
DELTAラインアンプはステレオ仕様が基本ですが、
ご依頼により、DUAL MONO仕様になっています。
アンプ基板はテスト用ラインアンプで試聴しながら作って来た。
テスト用機器はゲインブロックの試聴にも使っているやつだ。
基板のサウンドが大方決まったら製品に組み込み、
これをまた試聴し、仕上げてゆく。
ここまでで7カ月、勿論他の製作等をしながらだが、
ラインアンプ単体で5カ月で完成予定だった…
今回の依頼は特注DELTA仕様の3BandアクティブEQ、
同仕様の光学式レベリングアンプもあるため、
サウンド面でマッチさせる必要がある。
それぞれの基板は大方出来ているが、やはり組み上げてから調整する。
何と言っても、ラインアンプが中心機器なので一番時間が必要。
3台合わせて年内には完成、発送の予定である。
今回のラインアンプ価格 1,000,000円
音響工房アナログ式

|

2017年10月 1日 (日)

特注の部屋(70)eustachioラインアンプ

7070_2

今回のラインアンプ、メインはeustachioのtake one

仕様変更①②④⑤⑥⑧を追加

ゲインブロックは1960-R及び差し替え用に1960-D

パラアウト

電源電圧AC100V~240Vに対応

これらを詰め合わせて出来るだけコンパクトにすると、

こうなった。

サイズ W200 H80 D140 (mm)

音響工房アナログ式

https://analogmode.jimdo.com/

|

2017年3月22日 (水)

特注の部屋(69)光学式コンプ・メカニカルリンク仕様

Photo_3

Photo_4
先日発送した光学式コンプ
ゲイン切替SW(通常のゲインから2倍にアップ)
バイパスSW
DUAL MONO/STEREO LINK 切替SW
I/Oバランス仕様
録音やDJに使われるとのこと。

音響工房アナログ式  http://analogmode.jimdo.com

|

2016年11月 7日 (月)

◆DELTA発送完了◆特注の部屋(66)(67)(68)◆

Delta3okDelta

◆届いた日に頂いた、お客様の第一声(先ずはラインアンプ部のみを聴かれています)

「入口からSPまでのルート上に一つ機器が増えたわけですが、鮮度、スピード、S/Nが劣化するようなことはなく、2タイプのアンプの描き方も、こちらが思っていた通りに仕上がっています。」
113日に発送完了したDelta
ラインアンプ、3BAND EQ、レベリングアンプ、3台ともオーディオ用(アナログレコードのみ)
2ch/Dual・ディスクリート構成
前にも書きましたが、
それぞれに個性のあるディスクリート部品(トランジスタ、抵抗、コンデンサ等)や、
VR、コネクタ、線材等は粗悪品を除き悪い物はありません。
特性や精度、耐久性、サイズ以外は
単純に言って音が異なるだけです。
例えば、自分ではコンデンサしか交換出来ないとします、その場合はコンデンサを替えながら、
求めるサウンドになる物を選んで使えば良いのですが、
全ての部品、部材を替えることが可能な場合(一から機材を作る場合も同じ)は、
一つの部品を替えるのでもオーバーオールに聴き、感じながら、作って行くことが必要です。
闇雲に替えるのではなく、今迄の経験と直感から、
こうなるだろうとの予測を基に差し替えていくのです。
細部も大事ですが全体的にどう持っていくかが、より大切です。
これは、一つの機材だけでなく、システム全体についてや、音楽のミックスでも同じですね。
そうやって、時間を掛け目指すサウンドを、機材を造って行くのです。
これは特注ディスクリートオペアンプの1960-LIMにも同じことが云えます。
各アンプにどの様な部品、部材を使い、回路構成をどうするかは、
打合せを重ねた時点で大方浮かび上がるのですが、
試聴と製作を繰り返すうちに大幅に変更する時もあります。
大体出来上がって来た時点で、更に全体的に聴き込みながら調整します。
調整ポイントは予めパーツを交換し易いように実装。
ディスクリート部品の大半がNOSで、SIEMENS/MKT&ケミコン、
WESTCAPPHILIPSERO/MKTRIFASPRAGUEWIMA、某銀タンタル、
ニッケミMPコン、某ペーパーコン、某銅箔スチコン、
A/B(AllenBradlay)OHMITESTACKPOLE、ブリティッシュカーボン等を使い、
現行品はKOA/金皮、タクマン、某巻線抵抗を。
全て測定選別したものを使います。
POTもメーカーや種類によって音が異るため、組合せています。
今回はラインアンプにA/BWE仕様、CTSロータリーはセイデン。
3BAND EQに東京コスモス。
レベリングアンプはCTSと東京コスモスを使っています。
線材はWEBELDENを数種類、国産はKHDSUMITOMO
 FUJIKURA、メッキ、非メッキを使い分けしています。
その他、細かい事は㊙
Deltaブランドの製品は、このようにして作っています。
お使いになる方は、
アナログレコード再生のみ、
フォノイコライザ&プリが東独RFZの録音用モジュールユニットを改造したもの等、
欧州盤、米国盤、それぞれの録音特性にマッチさせるため数台を使用。
パワーアンプ(Telefunken EC11球)
ターンテーブル、オラクル、ピエールクレマン
SPMENDE 励磁型(Feeld Coil型)及びSCHULZ 8インチ等、
ステレオとモノの2システムで聴かれています。
ところで、お気付きかとおもいますが、今回はレベリングアンプといものがあります。
オーディオ再生に於いてコンプは有りなのか…!
答えは「有り」です。(今迄に何人かいらっしゃいます)
つまり、その人にとって「有り」なら有りなのです。
オーディオ再生は、人それぞれに自分が良いと感じるやり方で行うものです。
勿論、全てのソースに掛けるのでなく、コンプを入れてみて、
いい感じだなぁ…」と思う曲があれば、そうやって聴けば良いのですね。
トータルコンプを再度行うという感じですが、
お話を頂いた時、形にとらわれず、可能性を追い求めることは「正にオーディオ道」
なのではないかな、と思ったのです。
かつての、FEN
プログラムを40cmアナログ盤にしたものを流していましたね。
当時としては放送出力が大きく、他の局よりも深く、いい感じでコンプレッションしてました…
放送では送信管保護のため、リミッターは不可欠ですが、
ここにも、センスが感じられましたね。
よく、聴いていました。
カントリータイムとサルサタイム、'60'70ロックタイム。
試聴に使った曲
Crazy Love/Jesse Ed Davis
Just Walk Away/Karla Bonoff
Golden State/Orleans
Follow Me Home/Dire Straits
Everydays/Buffalo Springfeeld
Three-Four/Moby Grape
Company/Rickie Lee Jones
Yellow Roses/Ry Cooder
ラインアンプ 1,000,000円
レべリングアンプ 365,000円
3BANDアクティブEQ 280,000円
音響工房アナログ式

|

«近況及び諸々のこと