2018年4月23日 (月)

「始めに内部ありき」

音響工房アナログ式 Analogmode  since2003

製品の紹介 Products

始めに内部ありき

Deltalaok1Delta

写真はDelta◆THE LINE AMP◆です。

この外観は、ノイズ発生や干渉を起こさない内部回路の配置や、操作性を重視したところから自ずと決まってくる「顔」です。

往年の真空管やトランジスタを使ったディスクリート機器と同様に「始めに内部ありき」なのです。

内部の秘密

1960ゲインブロック

OLD LINEの主力製品である

独自のディスクリート回路を構成する1960ゲインブロック。

このディスクリートオペアンプには8タイプのサウンドキャラクタがあり、

真空管のように差し替え可能です。

Oldboy2_2

(写真左)2ch old boy 2マイクプリアンプ

製作中「バランスコンバータ」の内部写真

Photo

Lapeq

LA+PEQ

■ディスクリートのアナログ音を、もっと気軽に身近に

 

■analogmodeがめざす音■

時代と共に失われつつある、ディスクリート&ハンドメイドのアナログ機材。

しかし生まれた時からデジタルが当たり前の世代が大人になり、デジタル機器とアナログをつなぐことで広がる音の世界感が、今あらためて注目されています。

 

音の本質を失わず、温かく、存在感があり音楽的な(人間的な)奥行きや表現力のあるアナログの音。まさに血の通った音は、時に音楽すら越える力を持って、無条件に人の心に届きます。

40年の録音エンジニア経験、2003年から7年間で500台以上を受注製作した耳と手が作り出すオリジナル回路を通したアナログ音の世界をお楽しみください。

 

1960年代までの、ハンドメイドが主流だった音響機器には

独特な温かみのある音を生み出す力があると思います。

デジタル音が主流の現在だからこそ、当時のアナログ音は、ミュージシャン、録音関係者、オーディオマニア等に年々見直される傾向にあります。

自スタジオで長年ビンテージAPIコンソール(1976年製 28-16-24)や、AMPEX、STUDER等のアナログ機器をを使い、録音現場で培った経験をもとに、analogmodeならではのスピリットを持った音響機器を目指します。

Photo_2 Photo_3

オーディオ再生や音源制作に、デジタルをより感動的にするアナログ機材として、お役立てください。

プロ用音響機器としてスタートしたアナログ式(旧OLD LINE)。主力製品のラインアンプは、オーディオ再生、レコーディング、PA等のシステム中に入れることでS/Nの悪化や音痩せ、不自然な色付けなく、音や音楽性を損なわずに様々な効果を得ることができます。

 サウンドの躍動感、透明感、艶、芯を大切に、システム全体を調和させることに定評があります。既製品から半特注、素子(ディスクリートオペアンプ)まで特注のタイプ。価格もご予算に合わせて様々な仕様で製作出来ます。

「思うようなサウンドにならない、再生されない、創れない、」と感じている方は、まずはお気軽にメールにてご相談ください。
(ご相談、お見積りは無料です)。⇒Mail

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月18日 (水)

「アナログ式」はプロ用音響機器としてスタートした。

理想の音を追求するプロ用音響機器として

お陰様でアナログ式は今年15周年を迎えました。現在、特設ページを開設しています。

箱の内部(音)を追求し、デザインの無駄を排して極力コストを抑えた無愛想な外観」も今ではアナログ式の顔となりました。長年のスタジオ・エンジニア経験の中で培った知識や知恵を生かし、インテリア性より操作性を重視、「現場で使う」ことを第一の目的とした「仕事道具」としての音響機器を追求しました。ですからダイヤルの位置、ケースの大きさ、外観のデザインすべてに理由があります。それは実際にお使いになる人の手や耳から実感されることと自負しています。

 特注品は現在までに様々なジャンルの音楽家やエンジニア、放送局等のプロフェッショナルはもちろん、音を追求するオーディオ愛好家の皆様にも親しまれています。既製品もあわせると2018年までに500台以上を製作いたしました。
 受注の前には、お好みのサウンドや使用目的を伺いながら丁寧なカウンセリング、お見積りをします(無料)。デジタル機器との併用ももちろん可能です。アナログ初心者でも、どうぞお気軽にご相談ください。またサウンドアートを製作する美術家への技術アドバイス、機材のリペア・改造も承っております(有料)。

◆スタンダード仕様について◆ プロ機器はI/O(入出力)共にバランス接続仕様が標準ですが、「アナログ式/analogmode」ではマイクプリやラインアンプ、ミックスバッファは(入力のみバランス)、コンプは(入出力共アンバランス)をスタンダード仕様としています。 これはディスクリート構成のため、I/O共バランス仕様を標準にすると価格が高くなってしまうからです。 スタンダード仕様の価格を下げることで、より多くの方に私の作る製品を使って頂ければと考えています。 また仕様変更により、I/O共バランスやグレードアップのための数々のオプションを用意しています。

お問合せは analogmode21@gmail.com


音響工房アナログ式

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

◆4月22日~5月6日迄、GW先行・特別価格!◆

Delta3

◆来る4月22日~5月6日迄、GWに先行し特別価格を実施します。

◆仕様変更を含めたご注文金額から、DELTA製品は10%off、PEQ Ⅲは20%off
  その他の製品は20%offになります。

◆minipeq take2及びEUSTACHIO TUBE HPAは既に発売記念価格を実施中ですので、対象外です。

◆改造、リペアのご依頼も対象外になります。


アナログ音響工房 「アナログ式」

2waylapeq_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

第18回アナログ道場◆5月5日開催◆DIYワークショップ「真空管ヘッドフォンアンプを作ろう」

55_2   Hpa_2 Hpa_3

◆第18回目になるアナログ道場は自作(DIY)に挑戦します。新作「真空管ヘッドフォンアンプ「ZERO BIAS TUBE HPA」」をご自身で作ってみませんか?
アナログ道場DIY用に開発した「アナログ式 DIYオリジナルキット」をご用意しました。
プロ用のスタジオで製作し、試聴まで、全行程約5時間程度で完成できます。
少人数制で懇切丁寧に指導しますので、はんだ付けや電子工作初心者でも安心してご参加ください。
HPAは、コンパクトサイズですので置き場所を選ばず、お手持ちのスマートフォン等にもお使い頂けます。日常で気軽にノスタルジックな真空管やアナログ音をお楽しみ頂けます。
シンプルなプリアンプとしても使うことが出来ます。

日時:2019年 5月5日(土曜) 13時~17時

場所:studio move 705(中野) http://www.move705.com/

◆真空管とICオペアンプのハイブリッド構成ですので、真空管やオペアンプを差し替えることで、ご使用のヘッドフォンや好みによってサウンドキャラクターを変えることが出来ます。

◆ICソケットの配線等を済ませた半完成キットを使い、組み上げ、試聴まで4時間~5時間の工程です。

当日の持ち物:ハンダごて、ハンダ、こてスタンド、ニッパ、ピンセット、ドライバセット、カッターナイフ、マッキ―赤黒、「可能な方はワイヤストリッパ、テスタもあると便利です)
ヘッドフォン、音源(CD,スマートホンなども可能です)。

参加費 :20,000円税込(take2スタンダード・インレタ入り加工済みケースの完全キット)
  (スタジオ代+講習費を含めた金額です)
定員 :4名
指導:今井年春(アナログ式主宰、音響エンジニア)
応募締切 :4/29(定員になりしだい締切ます)

参加ご希望の方は ①件名「5/5 WSの件」 ②お名前 ③緊急連絡先
を明記の上,下記メールにてご応募ください。
analogmode21@gmail.com

※折り返し、お振込口座をメールでお知らせします。(ご入金を確認次第、参加確定とさせて頂きます)。

◆お問合せ  analogmode21@gmail.com

   企画/主催 「アナログ式」  http://analogmode.jimdo.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 1日 (日)

|新製品|真空管ヘッドフォンアンプ・EUSTACHIO TUBE HPA

【新製品のお知らせ】 EUSTACHIO TUBE HPA (真空管ヘッドフォンアンプ)

Hpa_2

管球式ヘッドフォンアンプ / ZERO BIAS TUBE HPA

ZERO BIAS TUBE HPA

今迄に真空管を使用した機材、アンプ等は数々製作しましたが、「ゼロバイアスの回路構成で如何に優れた物を作るか」 勿論、中身と出音の話です。「EUSTACHIO」 今後もシリーズ化予定。

15周年記念の新製品です。「アナログ式」としてはめずらしいタイプではないかと思います。今回のコンセプトは「出来る限りコンパクトサイズで、妥協しないサウンドを実現すること」でした。

最近の廉価版の外観も悪くはないですが、音響機器はやはり音を決める「箱の内部」が重要です。そこで、「真空管を低電圧動作させる」ことに挑戦してみました。

【電源】24v単電源(NEVEもそうです)ハイブリッド構成で、出力バッファにICオペアンプを使用していますtake1ハイグレードモデルは48v仕様です。

【配線】このEUSTACHIO TUBE HPAは、プリント配線ではなく、空中配線を元にして組んでいます。

廉価な量産モデルのプリントパターン+チップ部品とは一線を画し、手間はかかりますが音の「鮮度」や「存在感」等が格段に違ってきます。

【回路】真空管回路はディスクリートです。今回はコンパクトサイズを最優先し、ハイブリッド構成にしています。

【真空管】

12AU7を使用しています。同等管等に差し替えることでサウンドを変えることが可能です。

●take1ハイグレード/各メーカー、ビンテージNOS

●take2スタンダード/現行管

【ICオペアンプ】オペアンプを差し替えることで、サウンドキャラクタを変更することが可能です。

【コンパクトサイズ】 

   W150×H40×D100  

置き場所を選ばず、高品質アナログ音を気軽にお楽しみ頂けます。スマホにも使用可。

【プリアンプ】RCA出力付きですので、アクティブSP等へ接続しプリアンプとしても使用できます。

【真空管の魅力】

音、姿、灯りの魅力。ただ眺めているだけで、その世界に惹きこまれるような魅力や暖かみがあります。かつて、スタジオのレコーディング用に自作及びオールドの管球式機材を使用していました。真空管ならではの「エージング」の楽しみも味わって頂けます。

奥行きと立体感の在るサウンド。以下の2タイプをご用意しています。真空管のノスタルジックな灯りも印象的な、耳と目で音世界を楽しめる製品です。

本日4/17~5/6迄、take1/take2共に発売記念価格(5台限定)

【Take1 ハイグレード 】
受注製作に入る前に、丁寧なカウンセリングを行います。
ご希望のサウンド傾向を伺い、最適な高級パーツを選択し、セミオーダー式で製作いたします。
【定価 12万円(税込)】⇒72,000円

Take2  スタンダード】※写真

真空管の世界をお手頃価格でお楽しみいただけるアナログ式オリジナルの既製品です。ネットショップからもお求めいただけます(カード払い可)
【定価 4万8千円(税込)】⇒28,800円(限定5台・残り2台)

Hpa_6  Hpa_7 (スタンダード フロント|リア)

【仕様】
●L/R 独立VOL  
●入力 RCAピンジャック
●出力 1/4inch標準フォンジャック+RCA 
 ジャックの耐久性、メンテを考慮し標準サイズを使用、miniジャックは変換プラグをお使い下さい。
●別電源付き  ●サイズ W150 H40 D100

本日4/17~5/6迄、take1/take2共に発売記念価格(5台限定)

●価格 take1 120,000円⇒72,000円
            take2   48,000円⇒28,800円

●納期目安 take1 2ヶ月~
       take2  1ヶ月  

◆お問合せ、ご注文はメールで⇒「アナログ式」

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみです。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します。 http://analogmode.thebase.in/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

◆mini peq take2◆お客様の声◆

minipeq take2をお使い頂いたお客様からの声をご紹介します。

①先日商品が届きました。有難うございます。
少々試用させて頂きました。面白いですね。
最初訳が分からない感じだったのですが、ピンクノイズを
アナライザーのソフトに入れながらノブをいじ ってみたところ少しずつ理解できました。
実は音楽制作をしているのですがそちらにも使える、というかそちらメイン
で使わせて頂こうと思います。
デジタルの音が優しい質感になるのが良いと思いました。
またの機会がございましたらその時はよろしくお願いいたします。

M.S様ありがとうございました。

お世話になっております。
minipeq、届きました!

まずは、CDプレイヤーと、

デジタルアンプの間に入れてみました。

あえてだと思うのですが、一つ一つのつまみについて
細かい説明はなかったので、ネットで、
パッシブEQについて少しばかり知識を仕入れながら、
いろいろといじってみました。

高音がうるさくて困っていたのですが、色々試したところ、
このシステムでここまでの音がだせれば言う事ないだろうと
いうくらい、かっこいい音になりました。

その後、今度は、別のCDプレイヤーと、
アクティブスピーカーの間に入れて試してみました。

途中、ふと思い立って、バイパスしたものとできるだけ
同じ音にするには、どういう設定すれば良いのだろうと
考えて、探してみました。

そこから、自分の気に入る音になるように動かして
いくと、このminipeqのシステムが分かってきて、
求める音に近づけられることに気がつきました。

金曜日にはピアノの録音に使いたいと思います。
どこまで活かせるかわかりませんが、楽しみです。
どうもありがとうございました。


H.T様ありがとうございました。

Minipeq_take2ok_2 Minipeqtake2ok2


Img_20180312_200755_887

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月22日 (木)

◆◆ パッシブEQ mini peq(Dual mono) take1 & take2◆

DUAL MONOPhoto Mini_peq_rca STEREO仕様Photo_3Minipeq_take1小型2chパッシブEQ「mini peq」

◆minipeq(dual mono)take2◆
Minipeq_take2okMinipeqtake2siro_2

take1のコストダウンモデル。
●フォンジャックはマーシャルタイプ、RCAジャックはクロムメッキタイプになります。
  (上の写真4枚はtake1)

コネクタ、ノブ、POT、コンデンサ、SW、作業工程を変更したローコスト版ですが、充分な音質、パフォーマンスを持っています。(teke1と同等)

minipeqは「アナログ式」の製品中、唯一のエントリーモデル。
更にお求めやすい価格になったminipeq take 2です。

2ch仕様で可能な限りミニに仕上げました。

ナチュラルで直感的なコントロールが出来るパッシブイコライザ
録音、PA、マスタリング、楽器に。オーディオ再生、ハイレゾオーディオの再生補正にも。

モノ音源の場合は2段で使うと、より多様なコントロールが出来ます。

◆I/Oに差動回路(ゲインブロックによるディスクリート構成)を追加した、
 バランス入出力仕様も可能(別筐体になります)

2ch仕様
I/Oはフォンジャック又はRCAピンジャック
バイパスSW付
サイズ W170 H30 D110mm

ケース色はブラックとアルミシルバーがあります。

take2 発売記念価格 台数限定

◆take 2◆19,800円⇒13,000円 take2は当サイトからメールでご注文下さい。

◆take 1◆28,000円

お問合せ、ご注文はメールで。

 STEREO仕様(ステレオ同時コントロール)サイズW150 H40 D95mm

(6ポイントロータリSW切替でDUAL MONOより更に細かな調整が可能)
 35,000円

Peqok

 

 より多くの人にパッシブEQの良さ、面白さを知って頂ければと思っています。

 納期 約 25日(製作状況により変動しますので予めご了承下さい)

 発送はクロネコ着払いとなります。

  ◆、ステレオ仕様は30日程になります。 ◆この他にもパーツを厳選した上級機種「DELTA PEQ」、ハイエンド機種「DELTA VPEQ」がありますので、該当ページをご覧下さい。

お問合せ、ご注文はメールで

 analogmode21@gmail.com

 ◆電子商店「アナログ式」オンラインショップ

 ◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

  http://analogmode.thebase.in/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

■analogsiki「アナログ式」が目指すもの■

■ディスクリートのアナログ音を、もっと気軽に身近に

Ampex_ag Ampex_ag440_2

 analogsiki「アナログ式」が目指すもの


 時代と共に失われつつある、ディスクリート&ハンドメイドのアナログ機材。

しかし生まれた時からデジタルが当たり前の世代が大人になり、デジタル機器とアナログをつなぐことで広がる音の世界感が、今あらためて注目されています。

 

音の本質を失わず、温かく、存在感があり音楽的な(人間的な)奥行きや表現力のあるアナログの音。まさに血の通った音は、時に音楽すら越える力を持って、無条件に人の心に届きます。

41年の録音エンジニア経験、2003年から7年間で500台以上を受注製作した耳と手が作り出すオリジナル回路を通したアナログ音の世界をお楽しみください。

 

1960年代頃7までの、ハンドメイドが主流だった音響機器には

独特な温かみのある音を生み出す力があると思います。

デジタル音が主流の現在だからこそ、当時のアナログ音は、ミュージシャン、録音関係者、オーディオマニア等に年々見直される傾向にあります。

自スタジオで長年ビンテージAPIコンソール(1976年製 28-16-24)や、AMPEXSTUDER等のアナログ機器をを使い、録音現場で培った経験をもとに、「アナログ式」ならではのスピリットを持った音響機器を目指します。
オーディオ再生や音源制作に、デジタルをより感動的にするアナログ機材として、お役立てください。


◆初めに内部ありき◆

1960ゲインブロック

OLD LINEの主力製品である

独自のディスクリート回路を構成する1960ゲインブロック

このディスクリートオペアンプには8タイプのサウンドキャラクタがあり、

真空管のように差し替え可能です。


そして、外に現れた顔(デザイン)はその内部から出てきたものです。

音と操作性から生まれて来たのです。

Delta3 Img_20170113_201756_044 2waylapeq Deltalaok1 Ob

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 6日 (火)

◆mini peq take1◆お客様の声◆

Minipeq_take1_3  
◆minipeq take1嬉しいメールが届きました。
DELTA PEQもお使いになっている方からです◆
この度はまたお世話になりました。
本日到着し、早速セットして聴いておりますが、結論を言いますと、
前回のDeltaPEQと同様の素晴らしい威力に感服しております。
昨年末、メインのマランツのCDプレーヤーが故障しまして、長期の
修理中のつなぎとして、デノンのDCD-50という安物のCDPを
購入したのですが、これがなんともはやスカスカの音で、解像度の
悪い事おびただしく、アナログ出力はもちろん、デジタル出力から
外付けのDDC+DACで96khzにサンプリングアップしても、とても
じゃないけど満足できる代物ではありませんでした。
そうした失意の中で思いついたのがアナログモード様のPEQでした。
接続はハイレゾ側のDACとプリアンプの間に挿入したのですが、
その効果は、音の捌きが素晴らしく、その結果、全体域にわたって
一音一音の有機性が格段に向上し、これが同じCDプレーヤーかと
耳を疑うばかりの変貌ぶりです。現在は低音側は最右、高音側は
左から2つ目のポジションでレベルの微調整をやっていますが、
これから、ソフトの録音状態に合わせて、さらに色々とやりこんで
行きたいと思っています。
以上、中々うまく表現するのが難しいのですが、まずは一聴した感想
を報告とさせていただきます。この度は本当に有難うございました。

今、古いグリュミオーのモーツアルト聞いていましたが、いやその生々しい アコースティックなな響きにほれぼれと聴きほれてしまいました。 昨今オーディオの世界では、やれケーブルがどうの、真空管がどうの等々、 様々な意見が飛び交っていますが、そういった方々にはぜひパッシブ イコライザーの驚異の 世界で思い知って頂きたいとつくづく思います。 一人でも多くPEQの信奉者が増えることを、心より祈念しております。

K.Tさま、
ありがとうございました。

Img_20180207_102304_858

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 1日 (木)

特注の部屋(51)A級・2Way Line Amp+Passive Equalizer

Image_2

Image_3

Image

2Way Line Amp+Passive Equalizer

ブログ「アナログ道場」特注の部屋(24)で初登場しているが、写真のようにデザイン、操作性を一新した(2枚目の写真が初期型)

前のデザインもそれなりに面白いのだが、パッシブEQのコントロール部分を広くし、2タイプのラインアンプ切替やEQのIN/OUT、ラインアンプの出力VOLはパネル左手に使い易くまとめた。

今回のeustachioラインアンプTake Oneベースに数々の仕様変更オプションを採用しI/Oバランス仕様になっている。

2タイプのラインアンプはキャラクターが異なり、
「1つは中低域が粘るというか、密度感のある音。
Funkとかより黒っぽく鳴ってくれるとうれしいです。
もう1つは、中高域の空気感というか、
鮮度のある音が出るといいなと思っています。
アコギやボーカルものがより際立つというか」
という依頼主のご希望に沿うようにしてある。

回路、パーツ、調整を含め、どのようにキャラを付けてあるかは…㊙︎

「アナログ式」独自のパッシブEQ、そしてAクラス1960ゲインブロックを使用したディスクリート構成のラインアンプを使いこなせば、音源制作やマスターリング、オーディオ再生にと電源を入れない時はないだろうと思う。

◆(ゲインブロックは1960-C仕様)

◆2wayのサウンドの基本はハイファイ/ファットになります。

価格

I/Oバランス仕様

180,000円 (take one仕様)

15,5000円 (take two仕様)

I/O アンバランス仕様(RCA又はフォンジャック)


(take one仕様) 140,000円

(take two仕様) 110,000円

◆ステレオ同時コントロールタイプのパッシブEQ仕様はプラス5,000円です。

◆仕様変更オプションはカテゴリ「仕様変更について」をご覧ください。

◆パッシブEQはmini peqクラスを搭載(Deltaへグレードアップすることも可能です。お問合せ下さい)パッシブEQはmini peqクラスを搭載(Deltaや黒箱クラスへグレードアップすることも可能です。お問合せ下さい)

この他にも色々な仕様が可能です、価格等についてはお問合せ下さい。

明日旅立つ…

私用に作って持っていたい機材だが、時間がない…

◆お問合せ、ご注文は メールで⇒analogmode21@gmail.com

◆オンラインショップはクレジットカード決済のみとなっています。銀行振り込みでのご購入の場合は、メールを戴ければ返信にてお振込み口座をお知らせ致します◆

電子商店「アナログ式」 http://analogmode.thebase.in/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«◆特注の部屋 (56) ◆Delta ◆THE LINE AMP◆ご希望のサウンドを実現する◆